日立は2月28日、社会インフラの基盤となる制御システムを常にサポートする「制御システム安定稼働サービス」を4月2日より販売開始すると発表。顧客に納入した各制御システムにとって最適な生涯保全計画(ライフサイクルプラン)を実現するため、万全のサポート体制を敷く。

【こちらも】日立、中期計画で売上高10兆円に挑戦

 具体的にはまず、制御システムに関係する問い合わせを24時間365日、常時受け付ける統合窓口の設置である。問い合わせがあれば多様なシステムそれぞれにおいて豊富な経験をもつエンジニアたちが支援を行う。障害発生時の、障害箇所の特定や復旧、原因調査などの対応から、定期点検のような運用及び予防保守などのサポートまで幅は広い。

 サポートプラットフォームも新たに構築され、ハードウェアやソフトウェア、アプリケーションのいずれにおいても速やかに対応できる。加えてシステムの各種構成部品の交換時期を適切に把握できるため、部品管理も最適化される。また問い合わせ履歴や対応実績といった情報の提供サービスにより、顧客の業務効率化にも寄与する。

 鉄道や発電プラント、産業機器などの設備が安全かつ安定して稼働するためには制御システムの存在が非常に重要である。産業・社会インフラ分野に関わる制御システムに障害が発生した際には迅速な対応が不可欠だ。

 しかし近年では制御システムの稼働現場の多くで運用、保守における問題が頻出している。例えば長い間稼働してきたシステム、その構成部品の経年劣化などによる障害リスクの上昇だ。保守員の高齢化により運用および保守方法の伝承も急がれている。

 さらに今後はIT技術の発展に伴う制御システムの高度化と複雑化のため、障害が発生した場合の対応にはより深い知識と技術が求められるようになると予想される。

 「制御システム安定稼働サービス」はそれらの問題を解決すべく、日立グループによって生み出された。同グループがこれまで培ってきた運用および保守に関する技術や知識などの粋を凝縮し体系化したサービスである。