コンパクトな不夜城だから
時間が有効活用できる!

 海外旅行計画を立てるにあたっては、現地での観光、食事、ショッピング、アクティビティ等々、ついつい予定が詰まりがちです。営業時間の兼ね合いもあり、限られた滞在時間のなかでのスケジュールのやりくりがたいへんで、すべて回りきれずに消化不良だったという経験をされた方も多いかもしれません。


2017年に開業10周年を迎えた、コタイ地区を代表する大型IRのひとつ「ヴェネチアン・マカオ」。


色鮮やかなネオン煌めくマカオ半島中心部に建つカジノ付きリゾートホテル「グランド・リスボア」は不夜城・マカオの代名詞的存在。周辺は深夜でも人の往来が多く賑やか。

 実は、マカオが短期の旅行でも限られた時間を有効活用できる穴場的デスティネーションなのをご存知でしょうか。その理由として、街のサイズが約30平方キロメートル(東京都世田谷区の約半分)とコンパクトな上、見どころがマカオ半島の中心部とコタイ地区に集中しており、移動にかかる時間が少ないこと。「不夜城」と形容されるように、24時間営業のカジノの存在により、深夜営業がスタンダードになっていることが挙げられます。

 マカオ半島の中心部は「旧市街」にあたり、世界遺産群をはじめ、カジノ付きのリゾートホテル、ショップやレストランが軒を連ねます。コタイ地区は新たに埋め立て造成された「副都心」的存在で、ラスベガス型の大型カジノIR(統合型リゾート)が多数建ち並びます。2つのエリアの間はタクシーを利用しておよそ15〜20分ほど、路線バスも終夜運行しており、時間を問わず容易にアクセスできます。

ヴェネチアン・マカオ
https://www.venetianmacao.com/

グランド・リスボア
https://www.grandlisboahotels.com/en/grandlisboa/

夕食後のショッピングも余裕

 マカオのカジノ施設は年中無休、24時間営業が基本です。なかでも、コタイ地区のIRはカジノだけではなく、大規模なショッピングモールを併設していることでも知られます。


コタイ地区の大型IR「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」のショッピングアーケード。

 さすがにショッピングモールは24時間営業というわけにはいきませんが、それでも概ね午前10時から深夜0時までオープンしています。夕食をゆっくり済ませてからでも、十分にショッピングを楽しむことができるのです。マカオのIR併設ショッピングアーケードには香港や欧米資本のファストファッション、ハイブランド、ウォッチ&ジュエリー、家電、土産物店など、幅広いラインナップが揃っています。

 午前中から夕方にかけての時間を世界遺産めぐりやアクティビティに充てることができるので、スケジューリングの幅が広がります。さらに、ショッピングを終えた後、余力があればカジノへ繰り出すこともできます。カジノ内には24時間営業のカフェ・レストランがあり、食事にも困りません。せっかくはるばる海外へ来たのに夜の時間を持て余したり、ホテルの部屋で手持ち無沙汰ということがなく、むしろ眠る時間がもったいないほどです。


コタイ地区の大型IR「ギャラクシー・マカオ」のカジノエントランス。

シティ・オブ・ドリームズ マカオ
http://www.cityofdreamsmacau.com/

ギャラクシー・マカオ
https://www.galaxymacau.com/zh-hant/

香港へ日帰り遠征、その逆パターンも


マカオと香港の間を結ぶ高速船「ターボジェット」は24時間運航。

 24時間営業なのはカジノだけではありません。マカオと香港の間を約1時間で結ぶ高速船も24時間運航しています。例えば、マカオ滞在中のうち1日あるいは半日を香港で過ごすこと、またその逆も可能となります。


カジノのイメージといえば!

 香港とマカオはセットにして語られがちですが、それぞれ独特の個性を持った魅力的な観光都市です。上述したように、マカオは不夜城ですから、香港滞在中、夕食後に時間を持て余すなら、深夜マカオ入りし、翌朝までIRのショッピングモールやカジノで過ごしてみるのもいいでしょう。香港にはカジノはありませんから。

 2018年の上半期には、マカオと香港を海上橋と海底トンネルでつなぐ「港珠澳大橋」が開通予定となっており、より容易に両地の間を往来できるようになる見込みです。

ターボジェット
https://www.turbojet.com.hk/jp/

夜間の治安は大丈夫?


マカオ半島中心部のカジノ施設周辺には、派手な看板の質店が軒を連ねる。

 深夜まで遊べる要素が充実しているといっても、気になるのは治安面です。マフィアが市街地で銃撃戦を繰り広げているといったイメージは映画の中だけで、実際にはマカオにおける凶悪犯罪の発生率は極めて低く、アジアのなかでも日本と並んで治安が良い地域とされています。

 21世紀に入って以降、マカオ経済は右肩上がりの成長を続けており、1人あたりGDPではアジアトップクラスとなるなど、たいへん豊かな地域で、多額の現金や高価な品を持ち歩く中国人ギャンブラーの姿も多く見かけます。ただし、スリ、ひったくり、置き引きなどの被害はしばしば報告されており、携行品への気配りが必要です。

 このほか、繁華街の路上やカジノ内外で見知らぬ人から中国語で声を掛けられることがありますが、たいてい中国人ギャンブラー向けの融資のキャッチですので、中国語が話せない外国人だとわかれば、向こうの方からすぐに去っていきますから、無視してかまいません。


昼間は多くの観光客で賑わう世界遺産・セナド広場も深夜になると人はめっきり少なくなるが、建物がライトアップされているので明るい。

 カジノ施設が多く集まる繁華街周辺の表通りについては、街灯とカジノのネオン、ライトアップで明るく、深夜時間帯でも女性も含めて人通りが多いため、賑やかな雰囲気です。人の少ない場所や、暗い路地に入ったりしないように心がけてください。

 カジノ施設内については、もともと窓がなく、時間的な感覚がない場所となりますので、昼でも夜でも雰囲気は大きく変わりません。深夜時間帯の方が昼間よりも人出が多く、盛り上がっていることもあります。また、カジノ施設内外は警察官や警備員の巡回も頻繁に行われています。カジノでは、ゲームに熱中しているうちに携行品への注意がおろそかになりがちですから、注意が必要です。

文・撮影=勝部悠人(マカオ新聞)