きちんと告白されないまま、ズルズルと続いてしまった男女関係。デートのときに「好きだよ」「愛してる」と抱きしめてくれるけど、よく考えてみたら「私って“セカンド女”のポジションかも……」と不安になってしまったことはありませんか?


出典:https://www.shutterstock.com

そんな恋する乙女のために、今回は20〜30代の独身男性を対象に“セカンド女”に関するアンケートを実施! うっかり送ってしまった、セカンド女への“冷淡LINE”を大暴露してもらいましたよ。

 

■「うん」「へぇー」「そうなんだ」

「ぶっちゃけ“どうでもいい”と思っている相手とは、必要最低限の連絡で終わらせたいから“うん”とか、“いいよ”とか、一言で返信しちゃうよね。本気で好きな女性には絶対にしないけど……。」(28歳/公務員)

既読スルーされることはないけれど、いつも返信は「うん」や「へぇ」など相槌を打たれるだけ。疑問文なんてほとんど送られてきたことのない女性は要注意! カレにとって“都合のいい女”になっているかもしれませんよ。

もちろん、用件がある時にしかLINEを送らない男性もいますが、好きな女性にはできる限り丁寧に返信をする男性が多いようです。一言返信やスタンプのみの返信が続いたら、「ちゃんと聞いてる?」と突っ込んでカレの反応をチェックしてみて!

 

■「ひま?」「いま出られる?」

「本命彼女にドタキャンされた日は、ヤケクソになってセカンドに連絡することが多い。だから、いつも急な連絡が多いかな?そこで断られたらもう連絡することはないかも。」(26歳/金融)

カレからのお誘いがいつも“突然”“夜”という女性はセカンドの可能性大! 残念ながら、本命彼女にドタキャンされた穴埋めにデートしているケースが多いようです。

カレの気持ちを確かめたければ、急な誘いに応じるのではなく「○日なら空いてるよ」と、ほかの日程を提案してみてください。あなたの予定に合わせてデートをしてくれるなら、本命に昇格するチャンスはまだ残されているはず。

 

■「エッチしたい」「抱きたい」

「性欲を満たすだけの相手だから、嫌われても仕方ないって考えかな。だから、“エッチしたい”“○○させて”って直球メッセージを送りがちかも。でも女性って大胆に誘われた方が嬉しいのかな?ほとんどの相手は喜んで応じてくれる。」(29歳/メーカー)

好きな男性に「エッチしたい」と言われたら嬉しいものですが、安易に喜んでしまうのはとっても危険! 男性としては、ただ“性欲を満たしたいだけ”かもしれませんよ。

間違っても「いいよ」「私も……」なんて返事をするのはNG。「エッチなしのデートがしたい」「たまには昼デートしない?」とカラダの関係ではないところでも繋がれるかどうか試してみましょう。たとえいまはセカンドだとしても、次第に心が通じ合えるかもしれませんよ。

 

1つでも当てはまる女性は“セカンド女”の可能性があるかも……。“ゲス男”を本気で好きになる前に、相手の本心をしっかりと見極めて、今後の付き合い方を見直せるといいですね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ Zwiebackesser/shutterstock

【関連記事】

男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

ごめんなさい…!「不倫相手の妻」から届いたお説教LINE

ビクンッ♡ベッドの中で男が「こいつ可愛いな…」と改めて思う瞬間