彼のことは大好きだけど……でも、もう少しオシャレになってほしい! なんていう、切実なる彼女の想いが届いて欲しいものですよね。しかし、いっこうに彼がオシャレに目覚める気がないならば。いっそ彼の恋人であるアナタが、彼のスタイリストになってみては? 今回は、彼を簡単、手軽に変身させる3つのコツをご紹介します。

イラスト、文・角侑子

【スタイリストのファッション恋愛術】vol. 60

ブラックデニムはマストで取り入れる

オシャレに疎い男性は、定番のデニムとチノパンしか持っていない場合があります。そこにマストで加えていただきたいのがブラックデニム。締め色であるブラックデニムを取り入れ、トップスやアウターでモノトーンコーデを作ると、それだけで雰囲気がガラリと変化していきますので、まずはブラックデニムを手に入れましょう。

男性は女性と違い、コーディネイトの組み合わせに多くのアレンジを加える必要はありません。ただ、ほんの少しだけ着こなしに使う色の組み合わせに、気を使うだけでオシャレ度がグっと高まっていきますので、ぜひブラックデニムをベースにスタイリングしてみてください。

ジャストサイジングなアイテムで揃える

男性はサイズ感をあまり気にしない方が多いです。そのため、「なぜ、その服はヨレヨレなの!?」というくらい大きな服を着ていたり、反対に過去の細身だった自分への栄光を忘れられないのか、ちょっとピチピチ感のある服を無理矢理着ている場合も……。

ジャストサイジングな服を着るだけで、同じTシャツとデニムでもスタイルのキレイさが格段にアップします。ジャストサイズは、バスト・ウエスト・ヒップの実寸より、+1〜2cm大きいサイズの服です。洋服についているタグから、サイズ表記を確認しましょう。手持ち服は厳しく判定して、サイズに合わない服をクローゼットに残さないようにしてください。基本的にサイズが合えば、ユニクロやザラオンリーでもカッコ良く見えます。

キレイめなジャケット+インナーをパターン化

コーディネートはキレイめなジャケット、インナー(丸襟のニットやTシャツ)、そしてボトム。この3セットを色や素材を変えて揃えるだけでOKです。女性のように小物をたくさん揃える必要もありません。スタイリッシュなスタンダードデニムを1本、ブラックデニムを1本、スラックスを1本、カットソーやニットは3〜5着ほど、ジャケットは2着用意すれば、基本的にオールシーズンを通して着こなしには困らないでしょう。慣れ始めてきたら、雰囲気を変えてMA-1やライダースなど、カジュアルなアウターをプラスをすれば完璧なオシャレさんに!

褒めながら彼を変身!

つい、女性は気になって「ダサい」や「みっともないから服を買いなさい」と指示してしまいがちです。しかし、オシャレではない男性もプライドを捨てきれません。否定されれば、そのぶんイヤな気持ちになって、頑にオシャレを否定することに……。気持ち良く変身してもらうには「この服、すごく似合うわよ!」や「私がこれプレゼントするわね!」と前向きなひと言で彼を変えていくことが大切です。それだけで彼は自分からオシャレに目覚めていくかも