理想のワードローブは、上質で使い心地の良いベーシックなアイテムに、少しのトレンドアイテムがあること。でも、悩みどころはそのベーシックなアイテムをオシャレに着回すことではありませんか? そこで今回は、ベーシックなアイテム5着を使った、6日間の着回しコーディネートをご紹介します。

用意する5アイテムはコレ!

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 73

ベーシックなアイテムとひと口に言っても、さまざまありますよね。そのなかでも “使える” ベーシックアイテムは具体的にどんなアイテムなのでしょうか。今回は、定番アイテムのなかでも汎用性の高い、以下5着のアイテムの着回しをご紹介します。

・白シャツ・タイトスカート・ボーダー柄トップス・デニム・黒ハイネックセーター

これだけシンプルであれば、どこのお店に行っても見つかるはず! お手持ちでない方は、まずこれらアイテムから取り組んでみてくださいね。

1DAY:白シャツ×デニム

白シャツはスタンダードなモノでも良いですが、トレンド感を出したいならばラフなシルエットの抜き襟シャツがオススメです。今年の春夏も大きめのラフシルエットな着こなしはトレンドになります。デニムは履き心地の良いもので、スタンダードなシルエットを1本は手に入れて。アクセとサングラスをプラスすれば、まるで海外セレブ。

2DAY:ボーダー柄×スカート

フレンチシックな印象をつくるボーダー柄トップス。ナチュラルコーデだけでなく、モノトーンやキレイめなタイトスカートと組み合わせれば、途端に大人の女性に似合う上品な着こなしに。ロングの2連パールネックレスを着けてココ・シャネルらしいスタイルを楽しんでみて。

3DAY:ハイネック×デニム

ハイネックセーターとデニムの組み合わせは、とことんミニマリストな装いに。スタイルラインが目立つ着こなしなので、体型に自信がない……という方は、ロングカーディガンなどの羽織モノをさっと羽織ると良いですよ。

ひと粒ダイヤのネックレスや、繊細なフォルムのリングなどのアクセサリーを合わせてキレイめカジュアルに着こなしましょ。

4DAY:ハイネック×スカート

同色のセーターとスカートを組み合わせて、ワンピース風なシルエットを作るスタイル。色みがまとまりやすい、ブラックで取り入れると失敗が少ないです。春先なら、明るいキャメルの小物アイテムや、柔らかで上品なスカーフを使ったアレンジも素敵ですね。

春先は、足もとは抜け感をだすための肌見せを仕込んで、全体が重たい印象にならないように工夫を。

5DAY:白シャツ×スカート

白シャツとスカートのベーシックな着こなし。こちらはスタンダードな白シャツだと “就活っぽさ” が出てしまうので、抜き襟のシャツで大人の余裕ある着こなしを印象づけて。タイトスカートはできれば、膝下もしくはミモレ丈で控えめな丈感にすると大人に似合うコーディネートになります。

インナーは、ボトムと同色でミニマルにまとめても良いですし、華やかさを取り入れたいときはラメ入りのものを入れましょう。

6DAY:ボーダー柄×白シャツ×デニム

抜き襟の白シャツをラフに着こなし、インナーにはボーダー柄、そしてボトムはストレートデニムでコーディネートにアレンジを効かせて。透け感のある白シャツには、ボーダー柄のインナーをいれてコーデのマンネリ感を脱却させましょう。プラスαで、靴やバッグ、アクセ、ヘアアレンジを変えることで雰囲気はさらに変化しますよ。

少ないアイテムをいかに着回せるか

着回しは、パズルのようなものです。あのアイテムと、このアイテムを組み合わせたらどうなるかな? という好奇心を持って、さまざまな服を自分になりアレンジしてみてください。着こなしの精度が上がるほど、少ない服で着回しすることができますよ!