思い込みを捨ててラクに生きよう! 視野を広げるためにできることとは?

写真拡大

 「視野が狭くなって動けない。どこから変えるといい?」というお悩みが、“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)「ボーナスコメントタイム」に届いた。3日で1億稼がせた女!? ハッピーを呼ぶ風水芸人☆として人気の高い占い師・出雲阿国が授けたアドバイスとは?

■好きなものに手を伸ばして視界を少し広げてみる

 「こうするしかない」と思い込んでいたものの、後で冷静になると「ほかのやり方もあった」とか「なぜあのとき、目先のことしか考えられなかったのだろう」と後悔することは、だれにでもあるのでは? 

 出雲阿国によると、視野が狭いときは「陰陽五行でいう『木の気』下がっている」のだそう。「木の気が足りなくなると、周りの人やものに対して愛情や興味を感じなくなり、その結果、行動力もなくなってしまうんです」と、一歩引いて物事を見られなくなる原因を解説してくれた。

 視野を広げるには木の気を上げればいいわけだが、そのためには「楽しいと思えることに1つ、手を伸ばしてみて」と出雲阿国。それはコンビニで「おいしそう」と感じたシュークリームを買うといったちょっとした行動でもOK。1つのところしか見られなくなっていた視界が少し広がり、「これも好きかも」「こういうやり方もアリかも」と、気持ちや行動が広がっていく効き目があるという。

 仕事や人間関係に行き詰まったとき、悩んでいることばかりにフォーカスするのではなく、友達と会ったり、おいしいものを食べたりすれば、思ってもいなかった解決策が浮かんでくる。それも「木の気を上げる」ことにつながっているからかもしれない。

 人気占い師が気軽に相談にのってくれるのが “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)「ボーナスコメントタイム」の魅力。悩みごとがある人は、番組サイトのコメント欄から送ってみて。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock