画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●iPhone Xによく似た外観

ASUSは2月27日(現地時間)、スペイン・バルセロナでの「Mobile World Congress 2018」において最新スマートフォン「ZenFone 5」シリーズを発表した。

だが、その外観はiPhone Xによく似ており、画面上部には特有の「切り欠き」があることが賛否両論を浴びている。なぜこれほどまでにデザインが似てしまったのだろうか。

○大画面と狭額縁を追求するスマホメーカー

スマートフォン市場では、画面サイズの大型化が進んでいる。かつては5〜5.5インチが中心だったが、いまや6インチ前後のモデルも珍しくない。ASUSのZenFone 5も、6.2インチの大画面を採用してきた。

単純に画面を大きくするだけでは端末が大きくなりすぎるが、ASUSが採用する「19:9」のように、画面を縦長にすれば横幅を抑えることができる。さらに狭額縁化を進め、本体前面の大部分を表示領域が占める「フルビュー」デザインがスマホ業界のトレンドになっている。

ただ、本当にすべてが画面になってしまうと、自撮りに必須のインカメラやスマホの使い勝手を高める各種センサー類を搭載する場所がなくなってしまう。

そこでiPhone Xでは、表示領域が凹型になるような切り欠き(ノッチ)を設けることで、必要な部品を搭載するスペースを確保した。最近ではASUSだけでなく、複数のスマホメーカーが同様の切り欠きを設けている。

こうしてZenFone 5では、画面周囲の無駄なスペースを大きく減らすことに成功。6.2インチの大画面を、片手でしっかり持てる5.5インチクラスのボディに搭載できたというわけだ。

たしかにZenFone 5の外観は、iPhone Xを模倣したかのような印象を与えることは否めない。だがそれは、大画面化と端末サイズの維持を両立させる上で避けて通れない道でもある。

●AIを多用したZneFone 5

○ASUSも「AI」機能に全力投入

ZenFone 5におけるもう1つの見どころは、人工知能(AI)技術の活用だ。ASUSは従来機能を拡張したものを含め、ほとんどの機能のネーミングを「AI」で統一してきた。

たとえば「AIカメラ」では被写体の種類を自動的に認識し、「AIディスプレイ」で画面表示を調整。「AI着信音」は環境に応じて音量を変え、「AIブースト」はアプリの動作を最適化。「AIチャージ」によりバッテリーをほどよく充電できるという。

たしかにAIという言葉を多用することで、やや安売りしている感はある。だがQualcommの最新プロセッサーの機能を活かすことで、ディープラーニングや機械学習など人工知能分野の技術により、機能を改善していることは事実のようだ。

AIといえば、人間と知的な会話をするSF映画に出てくるようなロボットを想像しがちだが、現実にそういうAIは存在しない。そうではなく、画像認識や音声認識の精度が飛躍的に高まることで、日常のスマホ体験をさりげなく便利にしてくれる裏方としての働きのほうが重要だ。

スマホ市場ではサムスン、アップル、ファーウェイのトップ3がますます勢いを強めている。その中でASUSは2018年も引き続きスマホ市場にコミットし、ハードウェアとソフトウェアの両面で食らいついていくという強い姿勢が明らかになったといえる。