「セレナ e-POWER(ハイウェイスター V)」(画像: 日産自動車の発表資料より)

写真拡大

 日産は2月28日、同社の代表的なミニバン「セレナ」に電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」を3月1日に発売することを発表した。e-POWERは2016年にコンパクトカー「ノート」に初めて搭載されたEV専用パワートレイン。エンジンに代わって車の動力を生み出す。

【こちらも】日産とDeNAが自動運転の次世代交通サービス「Easy Ride」でコラボ

 e-POWERの動力源であるモーターは振動が少なく、走り出しから最大トルクを発生するため快適な加速と上質でパワフルな走りを生み出す。またe-POWERの主要ユニットであるモーターとインバーターは自社開発。高性能かつ多様な環境に耐えられる耐久性を実現した。

 「セレナ e-POWER」には新たな機能も追加した。それは「マナーモード」と「チャージモード」。「マナーモード」は深夜の遅い時間帯に帰宅する際に周囲に迷惑がかからないように、バッテリーのみを使用して静かに走行出来る機能だ。一方の「チャージモード」はマナーモードをフル活用するためにあらかじめ充電しておく機能。これらのの機能のおかげで安心して深夜でも走行可能だ。

 他にもアクセルとブレーキとステアリングの3つを自動的に制御する「プロパイロット」に前方の車両や歩行者との衝突する危険がある場合、警報と自動ブレーキで回避操作を支援する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」も装備。経済産業省や国土交通省が提唱している、高齢ドライバーの事故防止に対応する「サポカーS・ワイド」に該当しており、安全性能も向上させた。内装のところどころには「e-POWERの先進性」をイメージしたブルーのアクセントを施しており、クールな印象を与えてくれる。

 燃費性能では、発電用エンジンでの効率的な発電や優れた空力性能により、クラストップレベルとなる26.2km/L(JC08モード)の低燃費を達成。価格は296万8,920円〜340万4,160円(税込)。

 日産は現在、世界中のドライバーに向けた安全かつ持続可能な社会の実現を目指す「ニッサン インテリジェントモビリティ」の取り組みをもとに、車の「電動化」と「知能化」に向けた技術開発を進めている。今回の「セレナ e-POWER」は「ニッサン インテリジェントモビリティ」を形にしたものでもある。