AI搭載の商品棚画像認識エンジンで課題を解決

写真拡大

 NTTドコモは3月1日、スーパーやコンビニなどの小売店で商品棚をスマートフォンなどで撮影してリアルタイムに商品の陳列状況を分析できる商品棚画像認識エンジンを開発したと発表した。

 このエンジンは、NTTグループのAIブランド「corevo」で実現した技術。複数の商品が写った画像から、個々の物体の位置を98%以上の精度で検出できる「物体検出」と、検出した物体を画像データベースと照合させて該当商品を95%以上の精度で特定して認識する「特定物体認識」で構成されている。これまでの画像認識技術を搭載した商品棚分析端末は、高精度に商品を認識するために商品が正面を向いていることや前列に陳列されていることなどの撮影条件が課題になっていた。NTTドコモのエンジンは、商品の向きや陳列位置に撮影条件がなく、これまでの課題を解決する。