世界を見据え、日本男児・小平が突き進む!(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-メキシコ選手権 事前情報◇1日◇クラブデゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>
世界進出への大きな一歩となるか。世界ランク43位の小平智が、現地時間の1日(木)に開幕する世界ゴルフ選手権の今季第2戦「WGC-メキシコ選手権」に向けて準備万端だ。周囲が期待する4月第1週の「マスターズ」出場に向けて、カウントダウンが始まっている今。今月末の時点で世界ランク50位内にとどまれば念願の初出場がかなうが、小平の視線はそこにはない。
【連続写真】ドライバー巧者・小平智のキモはインパクトでの左カカト
「もちろん、マスターズは一番出たい試合ではありますが、それだけではありません。今週終わって50位以内ならアーノルド・パーマー招待にも出られます。全米オープンにも出たいし、1試合の重みはどの試合も変わりません」と、見据えるものはもっと先にある。マスターズにこだわって戦っているわけではないと話す小平らしい見方だ。
昨年から海外での試合を増やしてきた小平にとって、もはや世界トップランカーが集まる試合でも物おじすることはない。「ひとはひと、自分は自分。気負いはありません」と、試合への集中も以前より高まっている。「昨年のこの大会の優勝は14アンダーなので、そこを目指したい」と、自信もみなぎる。
昨年からジャンボこと尾崎将司の練習に合流して、教えを請うことも少なくない。「成功している人には積極的に話を聞きに行きたいと思っています」と、新たなことにチャレンジする姿勢はますます強くなっている。世界の強豪がそろう本大会で、小平が日本男児の強さを見せる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

世界選手権2戦目!日本からは宮里優作、小平智、池田勇太が出場
松山英樹がWGC-メキシコ選手権を欠場、マスターズに向けての英断
小平智、19歳アマに大敗も「悪いゴルフではなかった」
ジャンボ尾崎に弟子入り!新人・田村亜矢が最初にいわれた言葉は?
【石川遼・復活優勝へ】「自分の実力だと思える覚悟」 ジュニアに重ねた、自身の現状と葛藤