画像提供:マイナビニュース

写真拡大

テレコメディアとソフトバンクは、連携して徳島県ホームページからアクセスできる民泊に関する問い合わせおよび申請手続きをサポートするAI搭載民泊申請システムを開発したと発表した。

民泊に関して幅広く寄せられる問い合わせや相談に対し、自然言語処理を活用した双方向の対話型AI FAQシステムで自動応対する。また、民泊申請の際に生じる複雑な行政手続きを申請者の属性に応じて案内することで民泊導入の促進を図る。

自然言語処理機能を備えたチャットボットを通じ瞬時に返答を行い、また、1文字入力するとその先の変換候補を提示する「サジェスト機能」、利用者の質問意図を深掘りしていく「聞き返し機能」を実装することで目的の回答に誘導する。

このシステムはソフトバンクが提供する対話型AI FAQエンジンである「APTWARE(アプトウェア)」を利用し、テレコメディアは導入・運用のコンサルテーション、AI FAQコンテンツのデータ生成、システムデザインを担当した。