AIチャットボット「Kyoto Guide ENA」の実証を開始

写真拡大

 FKAIR(エフケアー)は3月1日、京都府南丹広域振興局と外国人観光客向けのAIチャットボット「Kyoto Guide ENA」の実証実験を開始すると発表した。JR亀岡駅観光案内所、トロッコ亀岡駅観光案内所、京都総合観光案内所(京ナビ)にチラシを配布、外国人観光客への利用を促す。FKAIRは人工知能(AI)関連の製品・サービスを開発するスタートアップ。

 Kyoto Guide ENAは、ユーザーの位置情報を取得することで、「近くのおみやげ屋はどこ?」のような問いかけに的確に回答し、「保津川下りへの行き方は?」などにもアドバイス。京都観光に必要な情報を教えてくれる。実証実験は、チャットボットから収集したユーザー情報をAIで解析してマーケティングや行動分析に利用するのが狙い。AIによる施設の混雑予測などのデータとしても活用する。