画像提供:マイナビニュース

写真拡大

HowtoForgeに2018年2月26日(米国時間)に掲載された記事「Linux who Command Tutorial for Beginners (8 Examples)」が、Linuxのwhoコマンドの使い方を紹介した。whoコマンドはシステムにログインしているユーザーの情報を得るためのコマンド。

紹介されているwhoコマンドの主な使い方は次のとおり。

○ログインしているユーザーを一覧表示

who

○システムが起動した時刻を表示

who -b

○デッドプロセスに関するアクセス情報を表示

who -d

○システムログインプロセスを表示

who -l

○initによって生成されたプロセスを表示

who -p

○システムにログインしているユーザーの人数を表示

who -q

○システムクロックの最終変更を表示

who -t

○現在のランレベルを表示

who -r

whoは、オプションを指定することで表示形式や表示するデータなどを変更することができる。簡単なコマンドだが、オペレーティングシステムごとにオプションが異なるコマンドであるため、オンラインマニュアルを参考にするなどして、利用しているオペレーティングシステムで適切なオプションを指定する必要がある。