2月に20世紀末からの新習俗「恵方巻」商法を検討し、反響がありました。そこで3月は「ひな祭り」の起源を、常識の源流に遡って考えてみたいと思います。

 3月3日のひな祭り桃の節句とも呼ばれますが、ここにまず第1の問題があります。

 地方によって差はあるものの、概して桃の花は3月中旬から4月にかけて開花し、ひな祭りの3月3日あたりには日本列島の大半で、いまだ桃の花は咲いていません。

 季節商品として売られる菱餅や白酒に、飾りとしてプラスチック製の桃の枝がついていることがありますが、伝統行事として考えるなら当然ながら不自然です。

 まあこれは致し方のない話で、旧暦の伝統行事を日付だけ新暦にシフトしているので、お正月を振り出しに、日本の『伝統行事』は形の上では伝統を踏まえるように見えて、実は現実の季節感を完全に喪失しているものも少なくありません。

 伝統を重んずる神社仏閣などで、旧暦を守ってお祭りを行うところも少なくありませんが、日本全国の商圏を対象とするブームとしては、暦の上での必然性を欠いている。

 元来どうしてその時期にこのお祭りを行ったのか、その必然性が感じられないまま、カレンダーが3月3日となると、なぜだか人形を出してきて飾ったりして「女の子のお祭り」である、となる。

 なぜそうなのか?

 理由を問わない形式遵守の伝統という、日本では随所で見られる「先例墨守」の典型のようなことに、このお祭りもなってしまっている。

 現実には旧暦の3月、つまり現在の4月初め、新入学の時期には桜のみならず桃の花も咲いているわけで、ここで「桃の節句」は祝われていたわけです。

 ではどうして「桃の節句」に人形を飾るのでしょうか?

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

身代わりとしての「カタシロ」

 そもそも、日本でこの種の季節のお祭りは「五節会」として祝われていました。各々本来は旧暦ですが

1月7日が 七草の節句
3月3日が 桃の節句
5月5日が 端午の節句
7月7日が 七夕の節句

 ここまでは現在も盛んに祝われていますが、中国の陰陽五行説に基づいて5つ設定された5番目

 9月9日の 重陽の節句は、幸か不幸かB2Cのマスビジネスで、商機として、まだフル活用されてはいないと思います。

 秋の節句は「菊の節句」とも呼ばれ、各地で菊作りのコンテストや菊人形の大会などは開かれているのですが・・・」。

 今後このビジネスチャンスがどう開拓されるのか、されないのか、注意したいと思います。

 さて、話は飛ぶようですが、松尾芭蕉の「奥の細道」冒頭は、隅田川のほとりにあった芭蕉庵を引き払って

草の戸も 住み替はる代ぞ 雛の家

 という発句でスタートしています。芭蕉によれば3月27日、同行曾良によれば3月20日とデータに開きはありますが、とにもかくにも、有名な「奥の細道」の旅は、桃の節句のあたりに江戸を発っている。

 芭蕉は明け方、深川から船に乗って隅田川を遡り、北千住近郊、現在は千住大橋のあるあたりに所在した渡船場で陸に上がり、足立区を北上して埼玉県草加市方面に「奥の細道」の旅をスタートさせます。

 ここで分かることは、少なくとも芭蕉が旅立った元禄2年=1689年には、雛人形を飾る桃の節句の行事が定着していることでしょう。

 実際、いつからこの「3月の節句」に人形を飾るようになったのか、本当に詳しいことは分かっていません。

 しかし、3月に人形を用いてある種の行事が行われていたことは、多くの資料に記されています。最も有名な例を引いてみましょう。

 「弥生の朔日に出で来たる巳の日
   今日なむ、かく思すことある人は、御禊したまふべき」

 と、なまさかしき人の聞こゆれば、海づらもゆかしうて出でたまふ。いとおろそかに、軟障ばかりを引きめぐらして、この国に通ひける陰陽師召して、祓へせさせたまふ。舟にことことしき人形乗せて流すを見たまふに、よそへられて、

 「知らざりし大海の原に流れ来て
  ひとかたにやはものは悲しき」

 とて・・・

源氏物語十二帖「須磨」

 文言を補って、簡単に現代語に訳してみましょう。拙訳ですので、ミスがありましたらご指摘ください。

 「3月上旬の巳の日に、
   今日は、お悩みごとのある方は、禊をされるのがよいでしょう」

 と、ものを知ったようなことを言う人がある。

 源氏の君も海をご覧になりたくなったので、お出かけになった。海辺ではごく簡単に囲いを引きめぐらして、須磨の地に来ていた陰陽師をお召しになりお祓いをさせられた。

 次いで(源氏の姿に良く似せた)モノモノしい人形(に罪ケガレを移し、それ)を船に乗せて(海に)流すのを御覧になる。不遇のわが身におなぞらえになって、

 「今まで全く知らなかった大海原に流れ来て
   流し雛の人形を見るだに 悲しいことであるよ」

 と歌をお詠みになって・・・

 そうなのです。3月の「人形祭り」の1つの源流は「流し雛」つまり、冬の間に溜まったであろうツミやケガレを、春の到来とともに「水に流して」清らかになりましょう、というミソギの一種として行われていた行事にほかならなかったわけです。

 紫式部(970?-1017?)が「源氏物語」を書いたのは平安中期、西暦1000年前後のことですから、今から余裕で1000年前には

 「3月の雛行事」が行われていたことが察せられます。

 これも旧暦ですから、現在で言う4月初め頃、場合によると等身大の人形を作り、罪やケガレに悩む(貴)人をお払いして、マガマガシイものをヒトガタに移して水に流してしまう「流し雛行事」こそ、この季節に「ひな祭り」を行う1つの理由だったようです。

 今日も「流し雛」の行事は各地に伝わり、多くは川に紙で作った小さな人形を流しますが、源氏物語のケースでは須磨海岸からかなり大型の人形を海に流している様子です。

 源氏「須磨」の段は、マズい不倫がバレかけた光源氏が、都から遠く兵庫県の須磨に流され、現地で鬱々とした日々を過ごしていた3月、ケガレを払うミソギをなさるとよいでしょう、として、水垢離をするのではなく、自分と似せた「ヒトガタ」とともにケガレを取り去るという、魔除けの行事に淵源を持つことが分かります。

 それがどうしてこの季節であったかも、芭蕉のケースから明瞭に察しがつくことでしょう。

 西暦1000年頃の都や須磨と、1689年の江戸、隅田川では様子が違いますが、どちらも水場に関係していることは間違いありません。

 現在で言う春4月、芭蕉が川を上って東北への行脚を始めようという季節は、同時に古来、流し雛で災厄を川や海に流すのに適した節会として位置づけられたのが察せられます。

 これが5月、端午の節句になると「鯉の吹流し」と風が主役に取って代わる。おりふしの天候気象に即した「祓い」や「清め」の必然性が察せられ、興味深いものです。

 なお、江戸時代には昨今では流行らない「重陽の節句」旧暦9月、現在の10月にも、雛人形を飾る「後節供」行事が一般的でした。

 人形の虫干し的な意味合いもあったでしょうし、この季節ならまだ川が凍りつくこともなく、流し雛にも適した秋のシーズンであったことが察せられます。

 よく知られた事実と思いますが、かつての日本では、四季とは旧暦で

春=1、2、3月
夏=4、5、6月
秋=7、8、9月
冬=10、11、12月

 を指し、これらは各々現在の暦で

春=2、3、4月
夏=5、6、7月
秋=8、9、10月
冬=11、12、1月

 にあたります。「早春賦」「春は名のみの、風の寒さや」とは2月を指しますし、「初夏」とは青葉の5月、「中秋の名月」は9月のお月見・・・と、天然自然の大きな周期、季節と天候の必然に基づいて、私たち日本人は四季を歌い、季語を織り込んで俳句を作ったりもしてきた。

 俳句の巨星、金子兜太さんをお送りしたタイミングでもあります。私も一定、有職故実と関わりがありますので、名前だけのバーチャルな「日本の四季」ではなく、本当に必然性のある<ひな祭り>の源流などに、注意していきたいと改めて思っている次第です。

 桃の節句は、水がぬるみ、流し雛ができる季節になったタイミングで、子供たち特に女子の成長と健康を祈って、ヒトガタにつみケガレを移す陰陽師の祭りに淵源を持つこと。

 本当の意味での日本の伝統、「ポストトゥルース」の作りごとではなく、この島の風土に根ざした習俗の1つとして、覚えておいていいことであるように思います。

筆者:伊東 乾