画像提供:マイナビニュース

写真拡大

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンは3月1日より、フランス生まれの人気キャラクター「バーバパパ」とのコラボレートドーナツ4種を販売する。何にでも変身できるユニークな特徴でおなじみの「バーバパパ」、どんな変身をしたのか見に行ってきた!

○バーバパパ って知ってる?

ご存知の方も多いだろうが、まずは「バーバパパ」について簡単に紹介しよう。

「バーバパパ」とは、1970年にフランスで誕生した絵本のキャラクター。バーバパパとバーバママ、そして7人の個性豊かな子どもたちと暮らしている。彼らの最大の特徴は、何にでも変身できること。そして、自然や動物、子どもたちととても仲良しなファミリーだ。

そんな彼らの自由に姿を変えられるカラフルな容姿は、SNSとの親和性が高いという点で、近年、再評価を受けているという。さらに、若年層から30〜40代まで幅広い層のファンを獲得していることから今回の採用となった。

○バーバパパ ファミリーがドーナツに変身!

このたび発売するのは、バーバパパ・バーバママ・バーバズー・バーバララがそれぞれドーナツになった4種類。全商品に共通して、子どもから大人まで幅広く親しんでもらえる味を意識し、キャラクターの色と中身の味が連動し、相性が良くなる組み合わせを検討したという。

「バーバパパ ストロベリー」(税込250円)は、いつも楽しい変身でみんなを助ける頼もしいバーバパパのドーナツ。ストロベリーチョコでコーティングした顔に、ホワイトチョコレートで目を、ビターチョコレートで口と鼻を描いている。1点1点手作りで作っているため、キャラクターの顔のバランスにはこだわったそうだ。

実際に食べてみると、生地はふわふわで、たっぷりと詰まったストロベリークリームは甘酸っぱく、春らしい味だった。

次に紹介するのは、「バーバママ カスタード」(税込270円)。カラフルシュガーの髪飾りをあしらった、おだんご頭のバーバママのドーナツだ。

食べてみると、顔全体をコーティングしているチョコレートはとても甘く、滑らかな口どけ。中心には、バニラビーンズ入りのカスタードクリームがたっぷりと入っていた。ガッツリ甘いドーナツが食べたい! という人には特にオススメだ。

最後に紹介するのは、「バーバララ メロン」(税込270円)と「バーバズー キャラメル」(税込250円)。

鮮やかなグリーンのチョコレートでコーティングされた「バーバララ メロン」を食べてみると、中に入っている赤肉メロンのクリームの芳醇な香りが口いっぱいに! また、「バーバママ カスタード」とお揃いの髪飾りも、カリカリとした食感でアクセントになっていた。

「バーバズー キャラメル」をコーティングしているイエローのチョコレートはプリン味で、中に入っている濃厚で少しビターなキャラメルクリームとの相性も抜群!

○15日からはイースター版も登場

また、3月15日からは「バーバパパ ストロベリー」と「バーバズー キャラメル」に、うさぎ耳のピックがついたイースターバージョンに変身する。よりキュートに変身した二人が、イースター気分を盛り上げてくれる。

バーバパパ ファミリーのドーナツは全て、4月17日までの販売を予定しているが、なくなり次第終了となる。ドーナツに変身したバーバパパ ファミリーに会いたい人は、早めの来店がオススメだ。

(C)2018 Alice Taylor &Thomas ALL RIGHTS RESERVED