そろそろ春が近づいてきたけど、まだまだあったかグルメも嬉しいもの。

女子なら間違いなく嬉しくなっちゃう、熱々クリーミーなクラムチャウダーがたまらない!

しかも貝は春が旬!この時期ならではの魚介の旨味を堪能しよう!



たくさんの牡蠣が並ぶアイスベッドが食欲そそる!
オイスターバーで味わうアメリカ生まれの3種のチャウダー

牡蠣を剥くスタッフ、肉を焼くシェフ、豊富な食材が並ぶアイスベッドなど、牡蠣と肉の魅惑の世界に誘う演出が満載!

気の置けない仲間とワインを飲みながら、テーブルいっぱいに埋め尽くした牡蠣とお肉を思う存分頬張るのがこのお店のスタイルだ。

この店のクラムチャウダーは、絶対に頼みたい逸品なのである。



アメリカ生まれの人気スープ「チャウダー」

アメリカ生まれの人気スープ「チャウダー」は3種を用意。いずれもオイスタークラッカー付き。

あさりやホンビノス貝をたっぷりと使った定番チャウダー「New Englandクラムチャウダー」は、貝とベーコン、生クリームの濃厚さと滑らかな口当たりが美味!

「Manhattanクラムチャウダー」はトマトと貝の旨みは相性抜群!クリーミーでありながらもトマトの酸味がイタリアンの香りを漂わせる。

「New England」をベースに牡蠣の身が2個も入っていて、食べごたえ満点の「オイスターチャウダー」は牡蠣好きにはたまらない一品。牡蠣のダシのコク深さが、美味しさのポイント!



「オイスタープラッター」

オイスターバーの醍醐味でもある豪快な24ピースの盛り合せや、ニューヨークスタイルやフレンチスタイル、和風などといった個性的な味付けで、仲間同士での食べ比べも盛り上がる「グリルドオイスター」など、産地や調理方法によって異なる味わいを食べ比べてみて。



「グリルドオイスター」

大人が肩肘張らずに上質な食事やお酒を楽しめる、本場NYさながらの雰囲気を体験して。


ハンバーガーとクラムチャウダーの組み合わせは間違いない!



これぞ王道クラムチャウダー!
大人バーガーを頬張りながら、魚介の旨味たっぷりクラムチャウダー

都内に3店舗を構える『バーガーマニア』の恵比寿店は、クラフトビールとハンバーガーが楽しめる“大人のためのバーガーマニア”。

人気のダブルチーズバーガーや名物メニューのチェリーバーガーと一緒に味わいたいのが「クラムチャウダー」。アメリカンスタイルの大きなガラスの器にたっぷり濃厚なクラムチャウダー。

ザクザクのクルトンと中に入った魚介の風味が冷えたからだに浸みわたる!



「チェリーバーガー」(¥1,340)

広尾と恵比寿限定の名物メニュー、「チェリーバーガー」(¥1,340)は、ブラックチェリーを2時間煮詰めてジャム状にしたものに濃厚なクリームチーズをたっぷり加えたソースが美味。

頬の奥がキュンとなるような甘酸っぱさが、味わい豊かなバンズが国産牛のパティによく合うとリピーターも続出中だ。

フルーティなヴァイツェンとともに、オトナなバーガー体験を満喫しよう。



居心地の良い店内は女子会やデートにピッタリ

これも、クラムチャウダー!?



ニューイングランドクラムチャウダー 〜ベーコンの泡〜\580円(税別)
泡に包まれたクラムチャウダーがたまらない!

オイスターバーを展開するゼネラル・オイスターでは、牡蠣の旨味たっぷりの「クラムチャウダー」が楽しめる。

“クラムチャウダー”をアレンジし、ふわふわの泡に包まれたメニューはこの季節、一度は食べたい絶品スープだ。

定番のクラムチャウダーに牡蠣の出汁がたっぷり。さらにベーコンの香りの泡をのせたカプチーノ仕立て。心も体もほっとあったまるはず。



牡蠣三昧コース¥4,000 ※2日前までの予約制 ※コース料理は、季節により変更

その他、生牡蠣やカキフライなど、人気の牡蠣メニューも勢ぞろい!お腹も心も満たされること間違いなしだ。



オマール海老のグリル 〜スペイン産 唐辛子添え〜 \2,380 牡蠣醤油とバターのソースに、スペインバスク地方の唐辛子がアクセント。



GINZA SIX内にあるスタイリッシュな店舗だ。


ハーフ&ハーフという新しい楽しみ方!



2004年3月にオープンした品川店のメインダイニング。テーブル席のほか、カウンターや季節限定のテラスも用意。テーブルクロスの赤いチェック柄も本店と全く同じデザインを採用している
3度楽しめる!ハーフ&ハーフのクラムチャウダー

“NY発”のレストランは都内に数あれど、その内装までそっくりそのまま再現したお店というのはなかなかない。

こちらの『グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン 品川店』は、本店の写真と見比べてもどちらがNYのお店か分からないほど見事な再現っぷり。



「クラムチャウダー ハーフ&ハーフ」はトマトとクリームの2種が同時に楽しめる

ご覧の通り、マンハッタンの本店と品川店の内装デザインは見間違えてしまうほど。アーチを描く空間はもちろん、シャンデリアに施された船の飾りまで再現している。一夜限りのトリップ気分をたっぷりと味わえる。

ダイニングのアーチ型天井をはじめ、細部まで忠実に本店のデザインを再現。当然、レシピも一切のアレンジを加えず展開する。

こちらで頂くクラムチャウダーは、クリームとトマトの2種を目の前で注ぐパフォーマンスから楽しめる「クラムチャウダー ハーフ&ハーフ」。裏メニューだが誰でも注文可能だ。

ピザなどではよく見かけるハーフ&ハーフをクラムチャウダーで提供してしまうという斬新なアイデア。それぞれのスープをそのまま味わってもよし、同時に食べてもまた違った味わいで、3度楽しめるぞ!



その日のおすすめの生牡蠣を4種2個ずつ盛り合せた「オイスタープラッター8ピース」(¥4,104)

カウンターに座れば見ることのできる、氷の上にフレッシュな牡蠣が並ぶ様子は、見ているだけでテンションも食欲もアップする。

小ぶりな海外産はクリーミーで濃厚、大ぶりな国産は滋味深くあっさり。



店内奥のロウ・バーの中に国内外のフレッシュな牡蠣が並ぶ様子はまるで市場の一角のよう。産地や銘柄は、収穫時期により入れ替わる

スタッフと会話をしながら好みの牡蠣をオーダーするのもいいだろう。