鳥貴族店舗(「wikipedia」より)

写真拡大

 外食産業で、明暗が分かれた。

「明」の代表は、ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルドホールディングスだ。2017年12月期の連結決算は、01年の上場以来最高の最終利益を叩き出した。

 売上高は前期比11.9%増の2536億円、営業利益は同2.7倍の189億円、純利益は同4.5倍の240億円となった。

 異物混入などによる客離れで、14年同期から2期連続の最終赤字に転落したが、V字回復を達成した。全国2900店の既存店の売上高は、1月末まで26カ月連続プラスで推移している。

「暗」の代表は、ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングスだ。18年3月期連結決算は、赤字に転落する見通しだ。売上高は前期比2.6%増の388億円だが、営業利益は同86.0%減の2000万円、最終損益は6億7400万円の赤字(その前の期は1億5400万円の黒字)としている。不採算店を閉鎖するため特別損失を計上するほか、人手不足に伴う人件費の高騰が響いた。

 ペッパーフードサービスが展開する「いきなり!ステーキ」のフランチャイズ店として業態転換を進め、経営の立て直しを図る。19年3月期までに15店余りをラーメン店から格安ステーキ店に転換する。

 デフレ経済からなかなか脱却できないため、外食各社は低価格を前面に打ち出してきたが、構造的な人手不足に直面。人件費・食材費高が外食銘柄の株価に逆風となった。減益決算となった外食企業には、売り圧力が強まっている。

 低価格ファミリーレストラン、サイゼリヤの17年9〜11月期連結決算は、売上高が前年同期比6.5%増の379億円と、新規出店効果で増収となった。しかし、営業利益は同10.5%減の24億円、純利益は同14.5%減の16億円に落ち込んだ。円安の進行で輸入原材料のコスト負担が増えたことや、アルバイトを含む人件費が上昇したことで減益となった。

 減益決算を受けて、株が売られた。昨年の大納会の12月29日のサイゼリヤの終値は3770円。今年2月15日は2996円で、20%下げた。

●値上げで客離れが顕著だった鳥貴族

 長崎ちゃんぽん「リンガーハット」と、とんかつの「浜勝」を展開しているリンガーハットの17年3〜11月期の連結決算の最終利益は減益だった。売上高は前年同期比4.3%増の338億1300万円だったが、営業利益は同14.1%減の19億9100万円、純利益は同39.1%減の8億9100万円にとどまった。昨年12月29日の株価の終値2560円から2月15日の同2356円へと8%下落している。

 主力のリンガーハットの客数が伸び悩んだほか、人件費が膨らんだ。17年3月〜18年1月のリンガーハット既存店の売り上げは0.4%増とほぼ横這いで、客数は1.2%減となった。同社は、好調なサラダ専門店に進出し、ちゃんぽん、とんかつに次ぐ柱に育てる計画だ。

 焼き鳥店「鳥貴族」の単一ブランドを展開する鳥貴族も、減益決算となった。17年8〜10月期決算(非連結)は、売上高は前年同期比16.2%増の81億円、営業利益は同2.0%減の3億円、純利益は2.7%減の2億円だった。同期間に新規出店が前年同期の6店から14店に増えた。出店効果で増収となったが、出店コストが嵩んで利益を押し下げた格好だ。

 鳥貴族の場合、株式市場がもっとも注目したのは、値上げが客足にどう響くかという点だった。17年10月に焼き鳥の均一価格を税抜き280円から298円に引き上げた。値上げは人手不足によるアルバイト代の上昇、野菜の高騰が原因だ。

 鳥貴族の月次報告書によると、既存店売り上げは10月が3.8%減、11月は5.3%増、12月も0.4%増。今年1月は3.6%減と波がある。客数は、それぞれ7.0%減、0.5%増、2.1%減、6.2%減という推移だ。

 18年7月期(本決算)は、既存店売り上げを4%増とみている。値上げ効果で純利益は38%増の13億円という強気な目標を立てている。しかし、客足はなかなか戻ってこないのが現状だ。

 昨年12月29日の株価は3835円だったが、今年2月15日は2874円と、実に25%の下落。投資家は、値上げは奏功せず業績の先行きは厳しいと読んでいるようだ。

 外食各社は、アルバイト代の上昇、天候不順による野菜などの材料の高騰で、値上げに踏み切らざるを得ない状況だ。快進撃を続けてきた鳥貴族が、値上げで客足にブレーキがかかった。

 これを見て、値上げに慎重になる企業も出てくるだろう。
(文=編集部)