最近の100円ショップはクオリティが高く、行くたびに驚きと発見の連続ですよね。

近頃は特に、人気商品の“そっくりさん”を見かけることが増えました。

これが見た目も使い勝手も遜色ない、と口コミやSNSで話題になっています。

でも実際のところどうなの?

ということで、セリアで人気のアイテム3つを比べてみましたよ。

比べるのは、無印良品のアレに似ているとウワサの3アイテムです。

1.「フック付きワイヤークリップ」紙などにはセリア、洗濯などには無印!

挟んだまま引っ掛けられる「フック付きワイヤークリップ」

見た目はそっくりですが、よく見ると無印の方が若干ワイヤーが太くて大きいのがわかります。

そのためか、挟む力には大きな差がありました。

無印の方はがっちり挟めて安心感がありますが、セリアのは挟むときに変形しやすく、頼りない印象です。

また、フック部分にも違いを発見!

無印の方は縁にフィットしているのに対し、セリアのは支える部分が斜めで不安定ですよね。

これだと少しの衝撃で落ちてしまいます。

どちらにするかは使う目的によって選ぶのがベスト!

紙などの軽いものならセリアでもOKですが、洗濯など実用的に使いたいなら無印良品の方をオススメします。

2.「袋留めクリップ」開けやすさのセリアか?長持ちする無印か?

次は、一度開封した袋を留めたいときに便利な「袋用クリップ」

これも見た目はほぼ同じですね!

セリアの方が少し大きいくらいでしょうか。

ただ、開いた状態で横から見ると、セリアの方が持ち手の部分が上に出ています。

このおかげで、力が入れやすく開けやすかったです。

ただし、注意したいのが力を入れすぎること!

セリアのは、開けるときに強く押しすぎると、すぐに変形してしまいます。

プラスチックなのである程度は仕方ないのですが、たった1、2回で使えなくなるのは悔しいですよね。

一方で、無印の方は若干開けにくいのですが、その分力が入りすぎないので長持ちします。

これは、開けやすさか長持ちか……どちらを重視するかで決まってきそうですね。

3.「半透明整理ボックス」底部分に違いはあるが、ケースとしては大差なし!

最後は半透明の「半透明整理ボックス」

冷蔵庫や引き出しを整理するのに活躍するケースです。

これもよく似ていますが、比較すると無印の方が若干厚く丈夫そうです。

サイズは、セリアの方が縦も横も少し大きいですね。

ただし、深さは無印良品の方が深め。

ケースとして使う分にはどちらも大差はなく、使いやすいですよ。

ただ底部分を見ると、縁全体で支える無印に対し、セリアのは4点だけ。そのため、セリアの方がずれやすいと言えるかもしれませんね。

でも、大きな違いはサイズだけなので、これはどちらでもいいと思います。

ただ、買うならどちらか一方でそろえた方がいいと思います。

いかがでしたか?

3つとも、見た目はそっくりでも、想像以上の違いでした。

無印の方は全体的に作りが丈夫で安心感があります。

一方でセリアはコスパが本当に素晴らしく、無理をしない使い方なら申し分ありません。

どう使いたいか、長く使いたいか、目的によって使い分けてるのをオススメします。