画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Yogaスタイル+スリムボディ+低価格の2in1ノート

Lenovoは、Mobile World Congress 2018開催に合わせてスマートフォンの新製品は発表しませんでした。その代わり、ディスプレイが360度開閉するYogaスタイルの2in1ノートパソコンの新モデル「Yoga 730」「Yoga 530」を発表しました。

○15.6インチでもスリムな「Yoga 730」

Yoga 730は、2017年に登場した「Yoga 720」の後継にあたるモデルです。ディスプレイサイズの違いで、13.3インチモデルと15.6インチモデルの2種類が用意されます。

従来モデルからの変更点としては、搭載CPUが第8世代Coreプロセッサーのみとなったことや、重量の軽量化といった点が挙げられます。13.3インチモデルと15.6インチモデルともに、最上位モデルでは第8世代Core i7が搭載されます。展示機では、Core i5-8250Uを搭載しているものと、Core i7-8650Uを搭載しているものが確認できました。

本体デザインは従来モデルから大きく変わっていません。アルミニウム製のボディは、フラットかつシンプルなデザインとなっています。サイズは、13.3インチモデルがW306.8×D216.3×H13.9〜14.1mm、15.6インチモデルがW360×D249×H16.95〜17.15mmとなっています。ディスプレイの上部と左右のベゼル幅が狭められているため、ディスプレイサイズを考えると十分にコンパクトです。重量は、13.3インチモデルが1.12kg、15.6インチモデルが1.89kgです。いずれも100g以上の軽量化となっていて、特に13.3インチモデルでは280gほど軽くなっています。

ディスプレイは、13.3インチモデルと15.6インチモデルともに、4K(3,840×2,160ドット)表示対応のタッチ対応パネルと、フルHD(1,920×1,080ドット)表示対応のタッチ対応パネルが用意されます。4,096段階の筆圧検知に対応する別売のアクティブペン「Lenovo Active Pen 2」に対応する点も合わせて、ディスプレイの仕様は従来モデルと同じ。15.6インチモデルのみ、ディスクリートGPUとしてGeForce GTX 1050を搭載するモデルが用意されます。CPUの内蔵グラフィックス機能よりも優れた3D描画能力が発揮されるので、3Dゲームも快適にプレイできるでしょう。

サウンド機能が充実している点もYogaシリーズの特徴ですが、Yoga 730もJBLブランドの高音質スピーカーを搭載しています。ヘッドホン接続時のみとなりますが、Dolby Atmosにも対応しており、迫力のサラウンドサウンドも楽しめます。

外部ポートは、13.3インチモデルがThunderbolt 3×2ポートとUSB 3.0×1ポート、ヘッドホンジャックを用意。15.6インチモデルでは、Thunderbolt 3×1ポートとUSB 3.0×2ポート、HDMI出力、ヘッドホンジャック、角形の電源コネクタを備えています。

米国での発売時期は2018年4月を予定しており、価格は13.3インチモデルが879ドル(約94,200円)から、15.6インチモデルが899ドル(約94,300円)からとなります。なお、いずれも日本での発売は未定です。

●樹脂ボディながら格安!「Yoga 530」

「Yoga 530」は、Yogaシリーズの廉価版となるYoga 520の後継モデルです。こちらもYoga 730同様に、CPUが第8世代Coreプロセッサーに強化されています。

本体デザインは、Yoga 730に近いフラットでシンプルなものとなっていますが、ボディ素材は樹脂となりますので、質感はやや劣る印象です。搭載ディスプレイは14インチですが、こちらもディスプレイの上部と左右が狭額縁仕様となっていますので、サイズはW328×D229×H17.6mmと十分にコンパクトとなっています。ただ、重量は1.6kgと、持ち運ぶにはやや重い印象です。

ディスプレイは、表示解像度がフルHD(1,920×1,080ドット)、またはHD(1,366×768ドット)で、いずれもタッチに対応。フルHDのみIPSパネルとなります。加えて、オプションのアクティブペンにも対応しますが、Yoga 730とは異なり、筆圧検知2,048段階の「Lenovo Active Pen」への対応となります。

GPUは、CPU内蔵のグラフィクス機能に加えて、GeForce MX130を搭載するモデルも用意されます。エントリークラスのGPUではありますが、CPU内蔵のグラフィクス機能よりも優れた3D描画能力が発揮されますので、カジュアルゲームなどは快適なプレイが可能になるでしょう。

外部ポートは、USB 3.0 USB Type-C×1ポート、USB 3.0×2ポート、HDMI出力、4-in-1カードリーダー、ヘッドホンジャックを用意しています。

こちらも発売時期は2018年4月で、アメリカでの価格は549ドル(約58,800円)からとなります。こちらも、日本での発売は未定です。