そごう・西武は横浜市西区のそごう横浜店の1階と地下1階を3月から段階的に改装し、日本最大級の化粧品フロアに変える。首都圏旗艦店への重点投資を進める同社の首都圏戦略の一環で、化粧品フロアの全面改装は2002年以来16年ぶり。改装後の2019年度に2017年度比30%増の化粧品年間売上84億円を目指す。

【こちらも】三越伊勢丹の新商業施設「ミーツ国分寺」、東急ハンズなど49店出店が決定

 改装は3段階に分けて進められ、第1弾が3月のヘア・ボディケア、ナチュラルコスメゾーンの拡大。これまでの6ブランドから12ブランドに倍増させ、来店客の選択の幅を広げる。代表的な新ブランドは横浜エリア初登場のヘアケアブランド「オブ・コスメティック」。第2弾が6月のスキンケアゾーンの拡大で、最終が8月のグローバルゾーンの拡充となる。

 3段階の改装が終われば、出店数が45ブランドから70ブランドに増えるとともに、売り場面積も2,800平方メートルから4,400平方メートルに6割拡大され、日本最大級の化粧品売り場が誕生する。

 同時に、ヘアケア、サプリメント、健康食品、アロマオイル、美容機器などライフスタイル商材を充実させ、化粧品にとどまらずに幅広い分野に広がりつつある健康、美に関するニーズに対応する。このほか、現在の流行がひと目で分かる専用拠点をするほか、専門スタッフを配置したコンサルタント&サービス拠点を4カ所設ける。

 新しい化粧品フロアはガーデンパーティーをイメージした環境デザインを採用する。壁面にグリーンを配し、自然光を思わせる光の天井で明るさと開放感を演出する。各ブランドショップの入り口にある意匠も統一し、公園の小道を散策している感覚で、ブランドショップ間を回遊できるよう工夫を凝らす。

 そごう・西武グループの店舗で化粧品売り上げのトップは、東京都豊島区の西武池袋本店。そごう・西武は、みなとみらい地区の開発やマンション、オフィスビルの相次ぐ建設により、横浜市の商業環境が大きく変わろうとしているとみて、そごう横浜店を西武池袋本店に匹敵する旗艦店に引き上げたい考えだ。