東京都の「LED省エネムーブメント参加協力店」ののぼり

写真拡大

 ヤマダ電機は3月3日から7月9日までの期間、家庭で使用している白熱電球2個以上をLED電球1個に無償交換する。東京都が進める「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」を都内37店舗で実施するもので、このほど東京都と提携協定を結んだ。

●目標達成まであと2年?



 同事業は、都内のエネルギー消費量の約3分の1を占める家庭部門の省エネを促進するため、東京都が2017年7月10日から開始している。都は参加協力店に支払う助成金など15億円の予算をかけて、交換するLED電球として100万個を用意したが、半年以上が経過する2月18日現在、20万2030個と2割程度しか交換されていない。このままのペースだと、目標達成まであと2年かかる計算だ。

 参加協力店には、東京都電機商業組合の加盟店など街の電器店861店が参加するが、一般消費者への認知は思うように広がっていないようだ。家電量販最大手のヤマダ電機の参加で、目標までどれだけ近づけられるかが注目される。

 都の試算では、60Wの白熱電球100万個がLED電球に代わると、年間約23億4000万円の電気料金の削減と、年間約4.4万トンのCO2削減効果があるという。

 LED電球と交換できる対象者は都内在住の18歳以上の住民で1人1回まで。2個の白熱電球は36W以上で、1つは口金サイズがE26のもの。本人確認書類として運転免許証や健康保険証などが必要になる。店舗で提供されるLED電球は口金サイズがE26、電球の形状がA型、電球40W~60W相当となっている。(BCN・細田 立圭志)