画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●電気自動車の走りを実現した新しいミニバン

日産自動車はミニバンの「セレナ」に電動パワートレーン「e-POWER」の搭載モデルを追加する。エンジンで発電し、モーターでクルマを走らせる「e-POWER」は、日産が小型車「ノート」に搭載し、市場から好評を博した技術。セレナはノートに続けるだろうか。

○重いミニバンとモーター駆動の相性は?

セレナは現行モデルが5代目となる日産のミニバン。現行セレナは日産が“高速道路同一車線自動運転技術”と表現する「プロパイロット」(機能について詳しくはこちら)搭載車の第一弾として、2016年8月に発売となった。

そのセレナに電動パワートレーンを搭載する「セレナ e-POWER」というモデルが追加となる。発売は3月1日だ。e-POWERとはガソリンを給油してエンジンを回し、そこで発電した電力を使ってモーター駆動でクルマを走らせる技術。給油する点では既存のエンジン車と変わらないが、走りの力強さや静けさは電気自動車(EV)と同じという特徴を持つ。

モーター駆動では力強い加速が可能なので、重いクルマであるミニバンのセレナにe-POWERが加われば、例えば交差点で停止状態から発進するときなど、スムーズにスピードに乗せることができそうだ。

○セレナに「マナーモード」が追加!?

日産の新車発表会で面白かったのは、セレナ e-POWERでは「マナーモード」が使えるという表現だ。マナーモードとは、発電用のエンジンを止めて、バッテリーにチャージした電力を使うことで静かにクルマを走らせる走行モードのこと。このモードを使えば、例えば会社や旅行からの帰宅時、遅い時間に住宅街に侵入する必要が生じた場合、騒音を抑えられるので周囲に迷惑をかけずに済む。

セレナ e-POWERは1.8kWhのバッテリーを積むが、マナーモードの使用に必要な充電は、普通に走って1〜2分で済むとのこと。つまり、家に着く少し前にバッテリー充電走行を行う「チャージモード」を起動し、自宅周辺の住宅街に入るときにマナーモードを起動させれば、静かに家の前まで走っていけるという寸法だ。マナーモードでの航続可能距離は2.7キロとしてあるが、これは走り方にもよるそうで、エンジンをかけずに走らせるコツを知る日産の説明員によれば「自分だと倍くらいは走れました」とのことだった。

●トヨタ「ヴォクシー」との勝負に動きは?

○「e-POWER」搭載第一弾の「ノート」はヒット

セレナのグレード間で比較を行ってみると、既存モデル「X (2WD)」が248万9,400円からであるのに対し、「e-POWER X (2WD)」は296万8,920円からと、価格には約47万円の開きがある。ただし、日産の説明員の話では、e-POWERの方はエコカー減税により、12万円くらいは価格が抑えられるそうだ。JC08モードの燃費は既存モデルがリッターあたり17.2キロであるのに対し、e-POWERは同26.2キロと大きく向上している。

e-POWERを搭載する日産車はセレナで2台目だが、第一弾となった小型車「ノート」は好調な売れ行きを見せ、2016年11月には日産を30年ぶりの月間販売トップに押し上げた。これにセレナも続きたいところだ。

セレナもミニバンの中では売れている方の車種だが、日本自動車販売協会連合会の統計を確認すると、セレナが5代目にモデルチェンジした2016年以降の販売台数では、トヨタ自動車の「ヴォクシー」に僅差で追いつけない状況となっている。2017年(暦年)はヴォクシーが8万6,772台(前年比94.5%)であったのに対し、セレナは8万4,433台(同114.9%)だ。

日産で国内販売を担当する星野朝子専務によれば、セレナは月間8,000台の販売を目指し、そのうち4割程度をe-POWERにしていきたいとのこと。すでに3,600台の事前受注を得ているそうだ。ノートのようにセレナの販売にも加速がつけば、ヴォクシーとのミニバントップ争いにも動きがありそうだ。