ナッパー駐韓米国大使代理(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米国のナッパー駐韓大使代理は28日、ソウルの大使公邸で記者懇談会を開き、北朝鮮との対話について「非核化という目標のない、時間稼ぎのための(米朝)対話は望まない」と述べた。

 ナッパー氏は米国政府が考える米朝対話の条件について「北朝鮮がわれわれの貴重な時間と機会を非核化の達成に使用したいという意志を見せる必要がある」との考えを示した。

 その上で、過去の経験からみて北朝鮮は対話の機会を核・ミサイル開発の時間稼ぎに利用してきた前歴があると指摘。「過去の失敗を繰り返したくない」と強調した。

 また、対話に関する立場は変わりないとし、北朝鮮が非核化につながる真摯(しんし)な立場を表明すれば米国も対話に参加する意志があるとする一方、そのような姿を見せなければ対話は難しいと厳しい姿勢を見せた。

 ナッパー氏はさらに「北朝鮮は(米国に)連絡を取る方法をよく知っている。適切な態度を見せ、正しい決定を下さねばならない」と述べた。