画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは2月28日、機械学習による高度なデータ分析・予測を可能にするクラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS」の提供を2018年4月から開始すると発表した。

同サービスは、グルーヴノーツが開発した機械学習が利用できるクラウドベースのサービス。プログラミング技術やコーディングデータを解析・処理する機械学習の知識がなくても、簡単にさまざまなデータの集計や分析、分類、需要予測や来店、来場者予測などを可能にする。

具体的には、Webブラウザで直感的に操作できる独自のGUIを使って、画面上の「ブロック」と呼ばれる機能を組み合わせてデータ処理のフローを作成するだけで、クラウド上のさまざまなデータを自動で学習し、これらの大量データから短時間で精度の高い分析、予測結果を簡単に得ることが可能になる。

同サービスは「Google Cloud Platform(GCP)」を基盤とするプラットフォームサービスであり、GCPの機能も「ブロック」として用意されているため、プログラミングのスキルがなくても高性能かつリーズナブルなGCPのコンピューティングリソースを利用できる。