マイノリティ──。「社会的少数派」の意。「社会的弱者」として言い換えられることもある。当連載では、自身もマイノリティの立場であるライター・おつねが、マイノリティを描く映画を通して、見解を語っていきます。