画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●新たな「ZenFone 5」は3シリーズ展開

ASUSがMWC 2018の開催に合わせ、バルセロナ市内のイベント会場で新製品発表会を開催。事前に予告ティザーがあった通り、新しいスマートフォン「ZenFone 5」シリーズ3機種を発表しました。

「ZenFone 5」という型番を聞いておやっ? と思う方もいるはずです。そう、ASUSが2014年に日本で発売した初のスマートフォンも同じ名前ですね。

当時はディスプレイのサイズが5インチであったことから付けられた名前でしたが、その後2015年に発売された「ZenFone 2」以降、毎年順当に末尾のナンバーを積み重ねてきた結果、2018年の新モデルで再び「5」に辿り着いたというわけです。

今回開催された発表会のテーマは「BACKTO5」。「"5"への原点回帰」を迎えたZenFoneシリーズをさらなる高みに導こうという意気込みが伝わってくるイベントでした。

○全画面×二眼カメラ。最上位はスナドラ845搭載

ZenFone 5シリーズには3つの兄弟機があります。中核のモデルはバランスの良い性能と新しいシリーズで実現した機能をフルに盛り込んだ「ZenFone 5」。このZenFone 5をベースに、プロセッサをクアルコムのSnapdragon 845にして、さらにメモリ/ストレージの仕様を強化したフラグシップの長兄「ZenFone 5Z」と、充実のカメラ機能を乗せたミドルレンジの「ZenFone 5 Lite」です。

ZenFone 5のハイライトについてはASUSのグローバルマーケティングヘッドのMarcel Campos氏が壇上での説明を担当しました。Campos氏は「電話からフィーチャーフォン、スマートフォンへの変遷を経て、これからの通信端末はAI(人工知能)を持った"インテリジェントフォン"に生まれ変わるだろう」と切り出しました。

○AIカメラでユーザー好み・最適な写真を自動撮影

上位のZenFone 5ZとZenFone 5にはクアルコムのプロセッサパワーを活かした6つのAIテクノロジーが搭載されています。「AIカメラ」はどんなシーン・オブジェクトも高精細に撮るためのカメラをサポートする機能。プリセットされている全16種類のシーンから被写体に最適なシーンを自動選択してくれます。

さらに「AI Photo Learning」の機械学習アルゴリズムにより、撮影後のデータに最適なエフェクトをかけて、ユーザーは通常の写真とプレビューを見比べながらから好みを選択していくと、次第にスマホが色味やコントラスト感などユーザーの好みを反映した写真を記録してくれるように育っていきます。

ほかにもユーザーがスマホの画面から目を離すと自動でスリープしてくれる省エネ機能「AIディスプレイ」や、アラームの音量を周囲のノイズ量に合わせて自動的に可変させる「AIリングトーン」を搭載。ユーザーの睡眠サイクルを学習して、寝る前にスマホの充電をはじめたら、ちょうど起きる頃に合わせてバッテリー残量を100%の状態に導いてくれる「AIチャージング」により、内蔵バッテリーのヘタりを抑えます。

「AIブースト」は特にZenFone 5に高い効果がある機能として紹介されました。ZenFone 5のメインプロセッサであるSnapdragon 636のCPUパフォーマンスにブーストをかけることで、12%アップの性能を引き出すというものです。

●iPhone Xライクな「切り欠き」は小さめに

カメラは上位のZenFone 5Zと5がリアのメイン側にデュアルレンズユニットを搭載しました。スタンダードモデルのZenFone 5 Liteは前後がデュアルレンズという野心的な仕様をZenFoneシリーズとして初めて採用しています。

インカメラは仲間と一緒に撮るセルフィーを手軽に楽しめるよう、120度のワイドアングルをカバーしています。「フロントカメラにソニー製のイメージセンサーを乗せたから高画質」であるというメッセージも発表会の壇上で繰り返し発信されていました。

ZenFone 5Zと5は狭額縁ベゼルと全画面ディスプレイという、スマホの"ど真ん中"にあるトレンドを抑えたデザインになりました。画面上部にフロントカメラユニットのほか各種センサーを乗せたことで全画面表示の切り欠き(ノッチ)が存在しています。見た目のかたちはiPhone Xのそれとよく似ていますが、Campos氏は「iPhone Xよりもノッチが26%近く小さい」ことをアピールしていました。

○アニメアバターが作れるEmoji機能も搭載

新しいZenFone 5シリーズにはもう一つ、コンテンツ側のトレンドになりつつある「絵文字」の機能が取り込まれています。「ZeniMoji」と名付けられた機能はユーザーの顔情報をベースにアニメーションキャラクターのアバターを作って、絵文字としてメッセージアプリに貼り付けて送ったり、ZenFone 5のユーザーとライブストリーミングによるコミュニケーションができるのがZenFone流です。

歴代のZenFoneシリーズが高く評価されてきたカメラ機能をさらにステップアップさせて、さらにAIという注目のトレンドを吸収できたことで魅力的な端末に仕上がりました。再び壇上に立ったShen氏は各モデルの発表時期を発表。トップバッターのZenFone 5 Liteが2018年3月、ZenFone 5が2018年4月、そして最上位のZenFone 5 Zが2018年6月と、1カ月ごとのローンチを控えています。

ZenFone 5Zにはメモリ4/6/8GB、ストレージ64/128/256GBという3つの異なるバリエーションがそろいます。価格は最もリーチしやすいメモリ4GB/ROM 64GBモデルが479ユーロ(約6.2万円)。

冒頭に登壇したCEOのJerry Shen氏は、2014年に始まったZenFoneのヒストリーを回顧しました。Shen氏はZenFoneが着実な成長を遂げてきた理由は、上質なプロダクトデザインとカメラの性能・画質が多くのファンに認められたからであると述べています。

さらに壇上で語気に力を込めたShen氏は「支えてくれるファンのおかげでZenFoneはここまで来ることができた。これからも気を緩めることなく果敢なチャレンジを続けて、ユーザーに最高のモバイル体験を届けたい」と誓いを立てました。

スマホの先進技術を余すところなく取り込んで、ブラッシュアップされた姿で「帰ってきた『5』」はいつ日本に上陸するのでしょうか。吉報を楽しみに待ちましょう。