ニールセン米国土安全保障長官=(EPA=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は28日、トランプ米大統領が平昌パラリンピック(3月9日開幕)の開会式に出席する米国代表団の団長にニールセン国土安全保障長官を任命したことを歓迎するとの立場を示した。

 青瓦台関係者はこの日、記者団に対し「米国が世界で最初に平昌パラリンピックの(代表団)団長を公式発表したことに歓迎の意を表する」とし、「米国政府に強い影響力を持つ高官の来韓には大きな意味がある」と述べた。

 ニールセン氏は元弁護士で、国土安全保障長官だったケリー首席補佐官の後任として同長官に就任した。ケリー氏の最側近とされ、同氏と共にホワイトハウス入りするなど信任が厚い。 

 北朝鮮も平昌パラリンピックに代表団を派遣する予定であることから、平昌冬季五輪では実現しなかった米朝間の接触が実現するか注目される。