今の若者たちの間ではこんなものが流行しているんだ。時がたつのは早いなぁ……。ふと、そんな風に思うことはありませんか? 自分たちが若い時にハマったもの、実は今の10代は知らないものも多いのです……。そこで今回は、振り返るのはちょっと恐い!? アラサー女子たちが学生時代に流行したものをまとめました。

mixi

SNSの先駆けとも言えるmixi。アラサー女子たちが10代の頃、“やっていない人”はほとんどいなかったでしょう。自分の趣味や性格に合うコミュニティに参加してネット上で語り合ったり、ポエムや病み日記など今では黒歴史とも言える投稿を行ったり……。「休日は1日中mixiをやっている」なんて人もいるほどでした。最近、密かにmixiブームが再燃しているようですが、今の10代は当時のことなど知る由もないでしょう……。

ジモトーク

ジモトークは現在も存在しますが、同じ地域に住んでいる人同士で交流を深めることが目的とされています。しかし、アラサー女子たちが10代の頃に流行したジモトークは、学校名ごとに掲示板が作られ、同じ学校内の人での交流が目的とされていました。匿名で書き込み・閲覧できるため、掲示板の書き込みを見ていた人も多かったのではないでしょうか。主に、中学・高校名別での掲示板だったため、高校卒業と同時に離れた人が多いようです。

前略プロフ

2016年9月30日にサービス終了した前略プロフ。自己紹介ページが作れるサービスとして、中高生の女子たちを中心に流行しました。こちらも当時流行した「ギャル文字」を駆使して、いかに可愛く目立つプロフィールが作れるか何時間もかけていた人も……。今、当時のプロフィールを見たらどんな気持ちになるのでしょうか……。懐かしい、それとも恥ずかしい? 人にはちょっと言えない黒歴史のひとつかもしれませんね。

着うた

今では、スマートフォンに内臓されている着信音を設定している方がほとんどですが、当時は「着うた」が流行していました。好きな曲をそのままメールや電話の着信音に設定できるため、気分で着うたを変えたり、家族や友達など人によって着うたを変えていた人も少なくありません。ガラケーからスマートフォンに切り替えるタイミングで着うたを買わなくなった人が多いようです。あえて今、着うた設定するのもおもしろいかもしれませんね。

ウィルコム

当時は画期的だった「通話料無料」。ウィルコム同士の通話なら2時間を超えない限り無料だったため、ガラケーと2台持ちしていた人も多かったのではないでしょうか。2時間が経過しそうになったら、「一旦切って、すぐにかけ直すね」なんて話しながらどちらかがかけ直す……まさに青春ですね。

ぜひアラサー女子同士で、当時流行したものを振り返ってみてはいかがでしょうか。「こんなことあったなぁ」なんて懐かしい気持ちが蘇ってくることでしょう。