クレジットカードのお得な活用方法を指南する【お得なクレカ・ポイント活用】。同じようにクレカを使っていても、ちょっとした工夫でお得に利用できるケースが多々あります。そんなお得なクレカの利用方法についてご紹介していきます。

☆☆☆

ポイント高還元率カードって何?

今回は、クレジットカード選びの基本とも言える、ポイント還元率について説明しましょう。クレカを利用すると、その利用額に応じてポイントが貯まります。ポイント還元率とは、そのお得度の目安となる数字で、利用金額の何%がポイントになるかをあらわします。一般的なクレカは0.5%ですが、なかにはそれ以上のポイントが貯まるお得なクレカがあります。その還元率が1%以上のクレカを“ポイント高還元率カード”と呼んでいて、メインカードにするとお得に利用できます。

ポイント高還元率カードはどこで利用しても、1%以上のポイントが貯まるカード。百貨店やショッピングスポット、家電量販店などのカードによくある、発行元の店舗で利用するとポイントがたくさん貯まるカードとは異なります。

ここでクイズ!

100円で1ポイント貯まるカードと、1000円で2ポイント貯まるカードがあります。どちらのカードの方がポイント還元率が高いと思いますか?

答えは「どちらでもない」です。支払った金額に対して、どれくらいのポイントが貯まるのかは「ポイント付与率」。実際には、このポイントがいくらの価値になるのかが重要なのです。

ここでもう一度クイズ!

100円で1ポイント貯まるカードは、1ポイントを1円として利用できます。一方、1000円で2ポイント貯まるカードは、1000ポイントで買い物券5000円分に交換できるとします。さてどちらのカードの方がお得だと思いますか?

答えは両方共、ポイント還元率1%で「同じ」です。ここでポイント還元率の計算式をお教えします。

100円で1ポイント貯まり、1ポイントを1円分として利用できるカードの場合

1(円分)÷1ポイント=1円(1ポイントあたり)
1(円)÷100(円)=0.01=ポイント還元率1%

1000円で2ポイント貯まり、1000ポイントで買い物券5000円分に交換できるカードの場合

5000(円分)÷1000ポイント=5円(1ポイントあたり)
5(円)÷1000(円)×2(ポイント)=0.01=ポイント還元率1%

ポイント高還元率カードにはこんなカードがある!

それではポイント高還元率カードには、いったいどんなカードがあるのかをご紹介しましょう。

かつてはポイント還元率が2%、1.75%といった超高還元率カードがありましたが、そういったカードは新規の発行が停止となり、今でも加入できる1%超えのクレカと言えば、ごくわずかになってしまいました。その中でもポイントを活用しやすいのが、リクルートが発行する『リクルートカード』。ポイント還元率1.2%で、貯まったリクルートポイントを等倍でPontaポイントに交換できます。「じゃらんnet」や「ホットペッパービューティー」などのリクルートのサイトで利用すると、さらにポイントがたくさん貯まってお得です。

『リクルートカード』 ポイント還元率1.2% 年会費:無料 国際ブランド:Visa、JCB

1%超えのクレカはごくわずかですが、ポイント還元率1%のクレカはたくさんあります。その中でも人気なのが『楽天カード』。楽天市場で開催中のスーパーポイントアッププログラムでは、楽天カードの利用でポイント最大4倍(2018年2月末時点)。お得なポイント付与で会員数を増やし、2018年1月時点で会員数は1500万人を突破。2017年の1年間のカードショッピング取扱高が6兆円に達するなど、国内のクレジットカード会社の中で取扱高が1位となっています。

『楽天カード』 ポイント還元率1% 年会費:永年無料 国際ブランド:Visa、Mastercard、JCB

ポイント還元率1%のクレカには、ケータイ会社が発行するカードも含まれています。その1つ、ドコモの『dカード』は、貯めたdポイントで毎月のケータイ料金を支払うことができ、毎月必ず必要な固定費を節約することができます。しかも紛失、盗難、水没などでケータイを新しく購入する際に、購入費用をサポートしてくれる補償もあるので安心です。毎月のケータイ料金が1万円を超える人なら、年会費は1万円かかるものの、ドコモのケータイ料金の10%が還元される『dカード GOLD』を検討しても良さそうです。

『dカード』 ポイント還元率1% 年会費:初年度無料、次年度以降1250円、前年度に1回以上の利用で無料 国際ブランド:Visa、Mastercard

そのほかにもポイント還元率1%のクレカはたくさんあるので、よく利用する店舗でお得な特典があるものをメインカードに選んでみてください。


 クレカ・ポイントの賢人綿谷禎子

ライター、「All About」ガイド
情報誌の編集部から編集プロダクションを経てフリーランスに。現在は小学館発行のビジネス情報誌「DIME」を中心に、企業のオウンドメディアや情報サイトなどで幅広く執筆。生活情報サイト「All About」のガイドも務める。クレジットカード、ポイント、電子マネー、通信費節約などのジャンルのほか、趣味の文具や手帳の記事も手掛ける。