【わざアリ!】時間が経っても「パリパリの春巻き」ができちゃった♪

写真拡大 (全5枚)

揚げたての春巻きって、思い出してもお腹が空くおいしさ。そんなステキな食感が、揚げてから時間が経っても続く「パリパリの春巻き」レシピをご紹介しましょう!パリパリワザはむずかしくないので、今夜にでも試せますよ。


コツあり春巻き☆1時間後も皮がパリパリ☆

by ゆいぷり

ちょっとした技ありで、時間経ってもパリっとした皮の春巻きになります(^^)
春雨入りの定番自家製春巻きです。

コツは「冷ます」&「重ねる」♪


1.にんじんやえのきなど、具材を炒めたら、よく粗熱をとります。そうすることで、熱気で皮が蒸れてしまわず、パリパリの状態が保てるというわけ。


2.具材を冷ましたところで、さっそく包みましょう。具材を小さめの皮にのせてから、大きな皮にのせて包むのがポイント!


3.具材には火がすでに通っているので、皮の両面がきつね色になればできあがり!


おいしい食感が長く楽しめるなんて、夢のような春巻きレシピ。パリパリっと小気味よい音が響けば、食が進みますね!みんなも楽しくなって、いつもより会話も弾むはず。(TEXT:八幡啓司)