まだまだ、寒〜い日が続く今日このごろ。レンジでチンするだけで、簡単にホクホクの焼きいもができちゃうというアイテムを発見! その名も「魔法の焼きいも鍋」。これは、チェックするしかなかばい〜!

ホクホク焼きいもがレンジで作れる! イシガキ産業の「魔法の焼きいも鍋」

まだまだ、寒〜い日が続く今日このごろ。

レンジでチンするだけで、
簡単にホクホクの焼きいもができちゃうというアイテムを発見! 
その名も「魔法の焼きいも鍋」。

これは、チェックするしかなかばい〜!

この「魔法の焼きいも鍋」は、
いもの形をした鍋。

ちょっと笑えるこのデザイン。
大きさは、大小2タイプあります。

さつまいも、大好きなので、
さつまいもが2本入るタイプの大を購入しました。

サイズ・・・本体/幅27×奥行19×高さ11.5cm
素材・・・・耐熱陶器
付属・・・・セラミックボール

さっそく、さつまいもを焼いて(チンして)みました。

さつまいもは水洗いし、水気を拭き取る。

焼きいもの鍋底にセラミックボールを敷き詰め、
さつまいもをのせ、残りのボールを隙間に入れてフタをします。

セラミックボールを敷いた上に
さつまいもを乗せて、
残りのセラミックボールをまわりに入れ
フタをするだけの、簡単セッティング!

あとは、
レンジでチンするだけ!

レンジに入れて、500Wで5分加熱。

フタを開け、さつまいもを裏返し、
500Wで5分加熱する。

蒸らし時間を10分〜15分で完成。

ホクホク焼きいもが完成です!!

[ホクホクの焼きいも〜!]

こんな簡単に、うまか焼きいもば食べれちゃうなんて〜♡

すごかぁ〜。

これは、セラミックボールに秘密があるとよ。

電子レンジのマイクロ波で、セラミックボールが発熱……。

(よくわからんけど……)
鍋とのW遠赤外線効果で、芯までふっくら焼き上げらしい〜。

お手入れは、冷めてから、鍋・セラミックボールも鍋も、
中性洗剤を付けて洗えばOK!!

カビの原因にならないよう、
通気性のよい場所で充分乾燥させて保管。

たった、これだけ!

焼きいも以外にも、遠赤外線の「焼き」調理ができちゃうばい!

本体付属のレシピに、
焼きなす・じゃがバターもあったので、
やってみました。

焼きなすも、じゃがいもも、
さつまいもと同じように、
片面やったら、ひっくり返して、
さらに、加熱。

その後、蒸らして完成。

それだけばい!

なすと、セラミックボール(笑)。

[焼きなすのおろし生姜ぞえ]

[遠赤外線で焼いたじゃがバター]

あつあつの焼きなすの皮むきには、
前回紹介した「ゆびさきトング」

これがあれば熱くても、うまく皮がむけて、よかばい。

焼きなす、うまかった〜。

そして、じゃがバターも簡単にできるし、
よかば〜い。

焼きトウモロコシも、おいしくできるみたいなんです。

でも今回は、季節ものではないので、
とうもろこしはトライできず……。

BBQで、よく、野菜まるごと焼きの
ピーマンを焼いて食べるので、
ピーマンをやってみたよ〜。

[ピーマンのまるごと焼き]

ピーマンは、焼き目がつかないだけで、
味は、いつもBBQで食べているピーマンでした(笑)。

おいしかったですよ〜。

焼肉のたれをつけて、食べちゃいました!!

そのあと、なぜか、トマトが浮かび……。

トマトをやってみました。

[トマトのまるごと焼き]

焼きトマトが完成!!

あっそうだ!!

せっかく温かいし、これチーズを上にのせ、
ポン酢とつけて食べちゃいました。

[焼きトマトのチーズポン酢]

いつもは冷たいトマトを食べているので、
温かいトマトもよかよ〜。

チーズも程よく溶けているし。

セラミックボールが少し汚れちゃいましたが、
鍋もセラミックボールもまるごと洗えるし〜。

「魔法の焼きいも鍋」なのに、
ほかの食材もおいしく焼ける。

たぶん、焼き野菜なら、なんでもおいしくできるはず。

しかも、こげないから、とってもヘルシーな気がする。

これは、よかばい〜!

電気代も節約できちゃうし、
ガスコンロも使わない!!

手入れも楽チン!

これ、かなり気に入りました!

田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。