ダイキンは高品質の施工と保守を提供できる人材を育てる(海外での空調の施工イメージ)

写真拡大

 ダイキン工業は2020年度までに、ベトナム全土を網羅するエアコンの販売・サービス体制を築く。販売と保守を担う地場販売店を16年度比約2・7倍の2000店、修理などを担当するサービス拠点を同3倍の25拠点に増やす。ベトナムは中間所得層が増え、インドなどと並びエアコン需要拡大が期待されるが、日本や韓国の競合との販売競争が必至。同社は中国などで培った知見を生かし、地域に根付いた販売網を敷く。

 ダイキン工業は高い施工技術ときめ細かいサービスを強みにブランド力を高め、現地で量販店を中心に拡販する他社に対抗する。価格競争を避けつつ、20年度をめどにベトナムのエアコン販売額を同4割増の700億円に引き上げる。

 同社は18年4月に、ハノイ市近郊の新工場で家庭用エアコンの現地生産を始める。敷地内にベトナムで初めてとなる訓練施設も開く。エアコンの施工などを訓練する設備を導入し、高品質の施工と保守を提供できる販売店の人材を育てる。20年には南部のホーチミン市の拠点にも同様の訓練施設を設ける。

 現地の販売店を統括するダイキン直轄の営業所は、16年度比倍増の10拠点に拡大する計画。これまでハノイなど、大都市圏の販売網を拡充してきたが、今後は地方に広げる。