(写真=チョン・スンジュInstagram)

写真拡大

明日3月1日にKリーグの開幕を控える中、一人の女子アナが、韓国のサッカーファンを虜にしている。

『MBC SPORTS+』のチョン・スンジュがその人だ。

彼女は現在、Kリーグを現場取材し、選手にも直接インタビュー。

昨年9月からは、Kリーグ公式ホームページなどで公開されているKリーグ専門ネット番組『Kリーグ・ピークタイム』の司会進行も担当している。

韓国メディアはチョン・スンジュについて、「Kリーグ女神」とあだ名をつけて紹介。スポーツ紙『スポーツ・ソウル』は、「(チョン・スンジュ)は清純なルックスとは対照的なボディラインが視線を惹きつけ、魅力あふれる脚線美も人気の秘訣だ」と伝えている。

チョン・スンジュの画像はこちら

これまで韓国では、チャン・イェウォンやイ・ユギョンが“サッカー女神”として親しまれてきたが、チョン・スンジュは、新たな“サッカー女神”として人気を集めているのだ。

韓国のネット上には、以下のようなコメントが寄せられている。

「かわいすぎるしセクシー!!」
「ボディラインが最高」
「モデルみたいに美しい」
「まるでお人形さん!!」
「天国のグラマー美女だ」

2月27日に行われたKリーグ開幕メディアデイでも司会を務めたチョン・スンジュ。

今季は、Kリーグの戦いとともに、美しき“Kリーグ女神”の活躍にも注目したい。

(文=S-KOREA編集部)