やました ひでこ  クラター・コンサルタント。一般財団法人「断捨離®」代表。  早稲田大学文学部卒。学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常生活の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。断捨離は、思考の新陳代謝を促す発想の転換法でもある。「断捨離」の実践的メソッドは、現在、日本のみならず海外でも、年齢、性別、職業を問わず圧倒的な支持を得ている。初著作『新・片づけ術 断捨離』(マガジンハウス)を刊行以来、著作・監修を含めた多数の「断捨離」関連書籍がアジア、ヨーロッパ諸国でも刊行され、累計400万部のミリオンセラーになる。現在、書籍の出版はもとより、Web・新聞・雑誌・TV・ラジオ等さまざまなメディアを通して精力的な発信活動を展開している。

写真拡大

新しい片づけ術として一世を風靡した「断捨離(だんしゃり)」ですが、「モノが片づいてスッキリした!」は「断捨離」の入口にすぎません。家の中の不要・不適・不快なガラクタを捨てるということは、お気に入りのモノだけを残すことであり、その繰り返しによって、マイナスの思考や感情、他者から押しつけられた観念(価値観)も手放すことができます。お金、健康、夫婦、親子、時間、結婚、離婚、家事、終活……の悩みも消えていきます。その結果、身も心も軽くなり、本当に大切なものが手に入るようになり、人生が大きく変わっていくのです。こうした断捨離の究極の目的を伝えるために、断捨離の提唱者である著者が集大成としてまとめた新刊『人生を変える断捨離』の中から、ポイントとなる項目を12回にわたり抜粋してご紹介していきます。

「不要・不適・不快」なモノを手放す

断捨離では、住まいにある大量のモノを3つの“ふるい”にかけて取捨選択していきますが、その3番目の“ふるい”が「要・適・快」という視点です。

これは、2番目の“ふるい”である「自分軸」によるモノ選びの一環ですが、さらにその判断を磨き上げるための“ふるい”です。

具体的には「これは私にとって、必要か?ふさわしいか? 心地よいか?」という問いかけです。

もちろん、時間軸は常に「今」です。

つまり、「今」の私にとって「不要・不適・不快」なモノを手放していくのです。

その際、次の3つの視点でモノを選び、手放す時は知性・感性・感覚を総動員させます。

・不要なモノ…あれば便利だし、まだ使えるけれど、なくても困らないモノ

・不適なモノ…かつては大切だったけれど、今の自分には合わないモノ

・不快なモノ…長年使っているけれど、どこかで違和感や不快感を感じているモノ

思い当る方も多いと思いますが、端的に言って「住まいにあるモノの8割は忘却グッズであり、今、自分が活用しているモノは2割にすぎない」のが現実です。

断捨離では、この「忘却グッズ」を“知らないオジサン”と呼びますが、忘却グッズを手放すと、次に登場するのが、“おせっかいなオバサン”と呼ぶ不要なモノです。

おせっかいなオバサンって、親切ですよね。

そして、おしゃべりです。

黙ったまま整然とたたずんでいた“知らないオジサン”とは対照的です。

でも、本人には決して悪気がなく、よかれと思っていろいろアピールしてくるのが特徴。

だから、なかなかバッサリと関係を断ち切るのも心苦しい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)