LIXILは、この4月上旬にTOTOが「リモデルあんしん宣言」を発表する動きに先立ち、早々“安心”を打ち出した(上)。近年のLIXILは、トイレに強いTOTOの唯一の泣きどころであるキッチンで攻勢をかける(下) 写真提供:LIXILグループ

写真拡大

 数年後に振り返ると、今年の4月1日は国内の住宅設備業界における“一大転換点”となるかもしれない。

 数年前までの急進的な海外M&Aを引っ込めて、国内事業の立て直しを進めるLIXILグループが、自社製品を買ってくれた消費者に対して保証期間を無料で延長する会員サービスを始める。

 同日より開設される「リクシルオーナーズクラブ」専用サイトか、製品に同梱されるはがきにロット番号(製造単位ごとに異なる追跡可能な番号)を登録するだけで、通常2年だったメーカー保証期間を3年まで無料で延長できる。

 ただし、トイレで60%のシェアを握るTOTOの牙城を切り崩すべく、LIXIL傘下のINAXのシャワートイレなど一部の製品に限っては、5年まで延長する。

 また、年会費1200円(税別)が掛かるが、365日24時間対応のメンテナンスパックは、割引価格による修理や掃除が受けられる。このパッケージサービスは、他社の製品も扱うが、自社製品の修理なら最初から20%割り引く。

 さらに、製品によって加入費は異なるが、有料で5年保証プランや10年保証プランを設けており、LIXILは「(会員なら)いつでも無料で、24時間の修理受付が可能」という点を売りにする。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)