Appleは米カリフォルニア州サンタクララ郡にAC Wellnessと名付けた従業員専用のクリニック開設を予定していることが明らかになりました。すでに求人が公式ウェブサイト上に掲載されており、「デザイナー」と呼ばれる健康的な生活習慣を促進する仕事も確認されています。

的確な初診時の判断が重病を防ぐ

Appleは従業員のためのクリニック「AC Wellness」のウェブサイトをすでに起ち上げており、求人の内容などからおおよその施設の機能がわかっています。クリニックは当初、カリフォルニア州サンタクララ郡内の2カ所にに設立される見通しです。
 
求められている人材には、専属医師、エクササイズ指導員、健康管理ナビゲーター、採血者などが挙げられます。
 
Appleの従業員のためのヘルスケア環境の整備は、Amazonや銀行持株会社J.P. Morganの同様の動きを受けてのものと考えられます。
 
アメリカでは毎年、6,900万人の従業員が健康上の理由で仕事を休むとされており、経済的に2,600億ドル(約27.84兆円)の損失になっています。
 
Appleは診療のための人材だけでなく、健康的な生活習慣を促進させ、病気を防ぐ「デザイナー」と呼ばれるスタッフの募集も行なっているようです。健康管理デザイナーの仕事には2種類あり、公衆衛生管理と、臨床プログラム管理がウェブページに掲載されている模様です。
 
 
Source:AC Wellness via CNBC
(lexi)