香港の「元気寿司」店舗(「wikipedia」より)

写真拡大

 競争が激しさを増している回転ずし業界。スシローやくら寿司、はま寿司、かっぱ寿司が業界のビッグ4として君臨し、覇権を争っている。業績面では、かっぱ寿司が苦戦しているものの、スシローとくら寿司、はま寿司は増収を続け好調を維持している。

 直近の通期売上高の対前年同期増減率は、スシローが5.9%増(2017年9月期)、くら寿司が8.0%増(17年10月期)、はま寿司が8.0%増(17年3月期)、かっぱ寿司が1.1%減(17年3月期)となっている。5.9%、8.0%という増収率は、市場規模が大きい業界のトップクラスの企業という範囲でいえば、相当高い数値といっていいだろう。

 この増収率でも大変な驚きがあるが、それらをも上回る増収率を誇る大手回転ずし店を展開する企業がある。業界5位の元気ずしだ。17年3月期の対前年同期増収率は8.1%で、前年の同10.1%からはやや落ちたものの、1月31日に発表された17年4〜12月期は同17.3%という驚異的な数値を叩き出している。

 元気寿司は「元気寿司」「魚べい」といったブランド名の回転ずし店を展開する企業だ。17年9月末時点の国内店舗数は元気寿司が37店、魚べいが112店となっている。元気寿司の16年度の売上高は349億円。同年度の業界首位のスシローの売上高は1477億円なので元気寿司はその4分の1程度だ。

 4位のかっぱ寿司(794億円)との比較でも、半分にやや届かない程度となる。だが、もしかっぱ寿司の売上高が変わらず、元気寿司が毎年10%の増収率で成長すれば、20年度には両社の順位が逆転する。かっぱ寿司は現在業績が低迷し、元気寿司は依然好調なため、十分あり得る話だろう。

●元気寿司、急成長のワケ

 業績が絶好調の元気寿司だが、スシローなどビッグ4の影に隠れがちで、世間での認知度はやや低い。そこで、元気寿司と魚べいの両ブランドを簡単に紹介したい。

 元気寿司は1皿100円を中心に、最大450円までで5つの価格帯のすしを提供する。店舗は大半が関東にあり、東北や甲信越にも出店している。魚べいは1皿100円のすしが充実している。店舗は多くが関東にあるが、北海道、東北、甲信越、東海、近畿、九州にも出店している。客単価は魚べいのほうがやや低く、元気寿司が950〜1150円、魚べいが900〜1000円となっている。

 元気寿司と魚べいがほかの一般的な回転ずし店と大きく違うのは、「回転しないすし」方式を導入している店舗の多さだろう。同方式の導入店舗には、店内と厨房を一周する回転レーンがない。タッチパネル式の端末で注文を受け、高速レーンで商品を厨房から客席までダイレクトに届けるのだ。17年9月末時点で6割以上の国内店舗で導入している。

「回転しないすし」方式の導入店舗では、すしを回転レーンに流す必要がないので廃棄が少ない。そのため、元気寿司の売上原価率は低く、スシロー、くら寿司、かっぱ寿司が45〜50%程度なのに対し、元気寿司は40%程度となっている。ほかの大手でも元気寿司のように高速レーンで届ける方式を採用しているところはあるが、導入割合の大きさでいえば元気寿司が突出している。

「回転しないすし」以外では、ほかの大手回転ずし店とさほど変わりはない。筆者の感覚でいえば、すしのおいしさは元気寿司、魚べいもほかの大手と大して変わらない。サイドメニューも同様だ。それにもかかわらず、元気寿司が競合を凌駕する増収率を実現しているのはなぜか。

 国内総店舗数が増えているためだと思いきや、実はそうではなかった。前述した通り17年4〜12月期は17.3%の増収だったが、国内総店舗数はわずか5店の純増(全体の約3%)にとどまっている。国内総店舗数の増加による業績への寄与度は小さかったといっていいだろう。

 実は、元気寿司の成長の大きな源は「海外」にある。元気寿司とより高価格帯のすしを扱う姉妹ブランドの「千両」を、香港や中国本土、ハワイを中心に展開している。17年4〜12月期は17店が純増し、同期末の海外店舗数は175店で国内(153店)よりも多い。

 営業利益の額と増収率も海外のほうが大きい。17年4〜12月期は、売上高こそ海外は国内の4分の1程度にすぎないが、営業利益は逆に海外が国内の1.3倍程度の規模となっている。対前年同期増収率は国内が14.5%だが、海外は31.1%にもなる。元気寿司の海外での強さのほどがわかるだろう。

 国内はほかの大手が幅を利かせているため元気寿司が割って入るのは難しい面があるが、海外はほとんど手つかずの状態でブルーオーシャンが広がっている。元気寿司はそこに目をつけて勢力を伸ばそうと考えたのではないか。現状、ほかの大手は海外にはほとんど進出していないため、元気寿司がトップランナーとして走ることに成功している。

 その元気寿司は、スシローと経営統合する話が持ち上がっている。17年9月29日に、元気寿司の親会社でコメ卸最大手の神明が、英投資ファンドのペルミラなどからスシロー親会社のスシローグローバルホールディングス株33%を取得し、経営統合を進めると発表している。

 この経営統合はメリットだらけといえる。国内に強いスシローと海外に強い元気寿司という住み分けができているためだ。お互いが強みとする市場が異なるため、競合が少ない。今後、スシローが海外に進出するにしても、両社が共存できるほどの市場が海外には存在するし、スシローは元気寿司のノウハウを借りることができる。もちろん、両社が合わさることで規模のメリットを享受することができる。非常に強力な回転ずしグループが誕生することになるだろう。

 回転ずし業界はビッグ4に焦点が当たりがちだが、今後は、元気寿司が重要なキープレーヤーとなって存在感をより発揮してくるだろう。
(文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント)

●佐藤昌司 店舗経営コンサルタント。立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。企業研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。