空と木々を近くに感じられる露天風呂。硫黄の香り広がるにごり湯は、疲労回復にいいとされる

写真拡大

せっかく温泉に行くのであれば、やっぱり泉質にこだわりがあるところに行きたいもの。今回は日本屈指の温泉地、箱根で気軽に日帰り湯を楽しめて、その中でも特に泉質にこだわった温泉宿を4つピックアップ。

【画像を見る】白い湯気が上がる「湯の花温泉」の湯畑。源泉から引く温泉は単純硫黄泉で、乳白色のほのかな硫黄の香りが特徴

■ 絶景が広がる箱根で最も標高の高い白濁硫黄泉の露天風呂

箱根の山々を眺めながら入浴できる温泉は、箱根十七湯で最も標高が高い所にある「箱根湯の花プリンスホテル」の露天風呂。昭和初期には硫黄採集が盛んに行われていたという源泉から引く温泉は単純硫黄泉。乳白色でほのかな硫黄の香りが特徴で湯冷めしにくい。お風呂は男女計4種あり、効能は神経痛、筋肉痛、疲労回復など。

■箱根湯の花プリンスホテル 住所:神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯93 電話:0460-83-5111 時間:13:00〜18:00(最終受付16:00、クーポン利用時は14:00) 休み:〜2/28の火曜・水曜 駐車場:42台(無料) アクセス:小田急線、箱根登山鉄道箱根湯本駅より箱根町・元箱根行バス約30分、バス停芦の湯から徒歩18分、無料送迎バスあり(バス停・芦の湯到着時要電話)

風呂データ:男女計4種。露天風呂、内風呂(沸かし湯)/泉質:単純硫黄泉/効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復ほか

料金:中学生以上1,700円、小学生1,080円、未就学児は無料※温泉+ランチプラン3,500円

■ 超濃厚な保湿成分が詰まった温泉が魅力

自然との調和を大切にする「箱根湯本ホテル」。日帰りでも温泉が楽しめ、天然の保湿成分「メタケイ酸」を通常の約3倍も含む、美人の湯が人気だ。4つの源泉から直接引かれ、湯量もたっぷり。四季折々の大自然を感じながら、肌にたっぷり潤いを与えてくれる。お風呂は全部で9種あり、効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消火器炎、痔、疲労回復など。

■箱根湯本ホテル 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋97 電話:0460-85-8800 時間:14:00〜17:00、土曜・日曜・祝日13:00〜17:00 休み:なし(休館日不定) 駐車場:40台(無料) アクセス:小田急線、箱根登山鉄道箱根湯本駅よりオレンジバス早雲通り方面行バス約10分、バス停箱根湯本ホテルからすぐ

風呂データ:全9種、露天風呂、内湯ほか/泉質:塩化物泉/効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消火器炎、痔、疲労回復ほか

料金:大人(中学生以上)1,080円、小学生540円、未就学児童無料

■ 箱根の山あいで極める贅沢。自然の中で心も解放されよう

芦ノ湖畔・湖尻高原の大自然を感じる「箱根高原ホテル」。2種の自家源泉をもち、大浴場・露天風呂へそれぞれ使用している。陽イオンと陰イオンの主要3成分が過不足なく入った温泉は珍しい。露天風呂は「美肌の湯」、大浴場は「湯もりの湯」といわれている。お風呂は男女計4種あり、効能は神経痛、筋肉痛など。

■箱根高原ホテル 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根(湖尻)164 電話:0460-84-8595 時間:11:00〜16:00(最終受付15:30) 休み:不定 駐車場:50台(無料) アクセス:小田急線、箱根登山鉄道箱根湯本駅より湖尻・桃源台行バスで約40分、バス停白百合台から徒歩15分

風呂データ:男女計4種。大浴場、露天風呂各1/泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉ほか/効能:神経痛、筋肉痛ほか

料金:大人1,300円、小学生650円、未就学児無料。貸切り風呂:明星の湯3,500円/60分、足柄の湯2,000円/60分(当日予約制)

■ 毎分150ℓが湧き出る、地下350mからくみ上げる源泉を堪能

湯河原温泉の名勝・不動滝に隣接する「大滝ホテル」。敷地内に源泉を持ち、良質で豊富な湯量を誇る。浴槽の深さが約70cmで手足を伸ばして入れる「滝の湯」や季節の変化が感じられる「蛍の湯」がある。お風呂は男女計4種あり、効能は切り傷、やけどなど。

■大滝ホテル 住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上750-1 電話:0465-62-7111 時間:14:00〜18:00(最終受付17:00) 休み:土曜、祝前日、2018年3月27日(火)、28日(水) 駐車場:30台(無料) アクセス:湯河原駅より不動滝・奥湯河原行バス約15分、バス停不動滝から徒歩1分

風呂データ:男女計4種。内湯、露天風呂ほか/泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉ほか/効能:切り傷、やけど

料金:小学生以上¥1,000、5歳以下無料

全国にその名を馳せる有名な温泉地、箱根。日常を忘れさせてくれる至極の風呂までちょっと足を延ばして、湯ったりした休日を過ごしてみてはいかが!? 日帰り温泉の魅力をたっぷり味わえば、心身ともにポッカポカに温まるはず。(横浜ウォーカー)