画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本エイサーは2月27日、フルHD解像度のスタンダード液晶ディスプレイとして、27型モデル「ED272Abix」、23.8型モデル「K242HYLbmid」、21.5型モデル「HA220Qbi」を発表した。3月3日より発売する。価格はオープン。

○ED272Abix

「ED272Abix」は、狭べセルのゼロ・フレーム設計を採用した27型ワイド液晶ディスプレイ。店頭予想価格は24,000円前後(税別)。

パネルは1,920×1,080ドットの非光沢(ノングレア)IPSで、ベゼルが狭いことから画面への没入感が高く、マルチディスプレイ環境の構築に好適という。眼精疲労対策として、ちらつきを押さえるフリッカー・レステクノロジーと、ブルーライトを抑制するブルーライトシールドを採用する。

主な仕様は、視野角が水平 / 垂直ともに178度、輝度が250cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1(ACM時100,000,000:1)、応答速度が4ms(GTG)。映像入力インタフェースはHDMI 1.3×1、D-sub×1。スタンドのチルト角度が上20度 / 下5度。本体サイズはW612×D194×H463mm、重量は3.96kg(スタンドあり)。本体カラーはホワイト。

○K242HYLbmid

「K242HYLbmid」は23.8型ワイドのモデル。店頭予想価格は17,000円前後(税別)。こちらは通常のフレームとなっている。

基本仕様は「ED272Abix」とほぼ共通。違いは2W+2Wのステレオスピーカーをの搭載と、映像入力インタフェースがHDMI 1.4×1、DVI-D×1、D-sub×1となっている点。また、スタンドのチルト角度は上25度 / 下5度で調整できる。

表示アスペクト比1:1モードには非対応。本体サイズはW554×D226×H415mm、重量は4.0kg(スタンドあり)。本体カラーはブラック。

○HA220Qbi

「HA220Qbi」は21.5型ワイドのモデル。店頭予想価格は15,000円前後(税別)。ゼロ・フレーム設計を採用する。

基本仕様は「ED272Abix」とほぼ共通。違いは、映像入力インタフェースがHDMI 1.4×1、D-sub×1となる点。スタンドのチルト角度は上15度 / 下5度で調整できる。本体サイズはW498×D186×H384mm、重量は2.5kg(スタンドあり)。本体カラーはブラック