イメージ

株式会社レオパレス21は26日、AIがチャット形式でユーザーの部屋探しをサポートするサービス「バーチャルデスク」の導入を発表した。まずはWeb版がリリースされ、スマートフォンアプリ版は3月29日の公開予定。

「バーチャルデスク」では「お部屋を探す」「入居中のご質問」「その他のご質問」に対応。チャット形式でのやり取りとなり、AIからの質問に答えると、希望の物件の一覧を表示するなど、店舗に赴かなくても簡単に物件探しができる。

アプリ版ではテキストチャットに加えて音声チャットにも対応するので、相談感覚で探すことができる。

同社では、運用開始後はデータを蓄積しAIに学習させていくことでさらに精度を向上させるとしている。

発表資料
URL:http://www.leopalace21.co.jp/news/2018/0226_2361.html
2018/02/27