市場推定価格:ボディ230,000円前後 / キット250,000円前後(ともに税別)
3月23日発売(予約販売3月2日開始)

ソニー α7 III

主な特長

  • 新開発フルサイズ裏面照射型イメージセンサーと新世代の画像処理エンジン搭載
  • 広範囲・高密度・高速・高精度・高追従を実現するAF性能
  • 最高約10コマ/秒のAF/AE追従による高速連写
  • 画素加算のない全画素読み出しによる4K動画記録

newproduct_20180227_sonya7iii_I.jpg

ソニーは、35mmフルサイズミラーレスカメラα7シリーズの新作「α7 掘廚鯣売する。新開発の有効約2420万画素の裏面照射型CMOSセンサーと、最新の画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、従来機「α7 供廚量1.8倍の高速処理を実現。その他、全感度域での画質向上、14bitの圧縮/非圧縮RAWフォーマットに対応、5段分の補正効果をもつ光学式5軸ボディ内手ブレ補正搭載など高画質性能を全体的に向上させた。

AF性能も進化しており、693点像面位相差AFセンサー、 425点コントラストAFセンサー、画面内の93%を像面位相差AFでカバーしている。ファストハイブリッドAFシステムもさらに進化し、「α7 供徃罎把秕氾抻のAF速度が最大2倍向上。瞳AFはAF-Cモードの追従に対応した。

高速性能のスペックも向上。AF/AE追随 最高約10コマ/秒、高速連写がメカ、電子シャッター双方で実現している。

有効画素数:2420万画素 / 撮像素子:35mmフルサイズ裏面照射型CMOS / ISO感度:<静止画>ISO100〜51200(拡張 ISO50〜204800)、<動画>ISO100〜51200(拡張 ISO100〜102400) / AF方式:ファストハイブリッドAF / AF点数:<位相差検出方式>693、<コントラスト検出方式>425 / ボディ内手ブレ補正:5.0段、5軸 / 液晶パネル:3.0型922Kドット、チルト式、タッチスクリーン / シャッター速度:1/8000 / 連写:10コマ/秒 / カードスロット:デュアルスロット / 動画:4K対応、LOG対応、HLG対応 / 寸法:126.9×95.6×62.7mm / 質量:565g(ボディのみ)

お問い合わせ先:ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口(0120-777-886)