スマホにつないでどこでも楽しめるカラオケマイク

写真拡大

 スマホとつながって簡単にカラオケができるBluetoothカラオケマイクが、スマホアクセサリーブランドのゴッパ(GOPPA・東京)から3月上旬に発売される。「シンガソン」(型番:GP-BTDMIC)は、スマホとワイレスでつながり、その音楽データと一緒に歌うことで、バックと合わせた歌声を内蔵スピーカーで聴くことができるカラオケ用マイク。価格は9,980円(税別)で、ゴールド、グラファイトブラック、シルバーの仕上げを用意する。

 マイク部は、ボリューム、エコー、高低音のトーンコントロールができるので、カラオケボックスのように歌え、デュエット機能もあるので、本機を2台使ってデュエットを楽しむこともできる。

 音源はスマホに入れたカラオケなどの音楽データを使うが、音楽CDのボーカルを小さくする機能があるので、好きな歌手の音楽CDをカラオケにすることもできる。また、スマホのカラオケアプリを使えば、カラオケボックス並みのカラオケ曲も使えるわけだ。

 イヤホン/ヘッドホンも接続可能。リチウムイオン充電池により約7時間の充電で9時間程度使える。サイズ・重さは245×69×69mm・365g。マイクをオフにすればBluetoothスピーカーとして使えるという隠し技もある。一人カラオケが自宅でいつでもできる、カラオケ大好き人間なら持っておきたくなる一台だろう。