「ホット抹茶ミルク」/料理:若山曜子 撮影:公文美和

写真拡大

季節の変わり目になり寒い日も減ってきました。しかし「三寒四温」という言葉もある通り、気温の変化が激しいので温かい飲み物は手放せません。今回は、牛乳に抹茶とホワイトチョコレートを交ぜた「ホット抹茶ミルク」をピックアップ。木々が色づく緑を連想させる、見栄えもばっちりなメニューです。

チョコレートは1枚をスプーンで削るときれいにでき、作りやすい。

古くから日本人が好んできた抹茶は、特有の苦みとうまみを含んでいるのが特徴。チョコレートの甘みをプラスすれば、より奥深い味わいになります。まろやかな牛乳ののど越しと合わせて、和と洋の魅力が絶妙にマッチしたドリンクに仕上げましょう。

■ ホット抹茶ミルク(1杯分159Kcal)

【材料・130ml×2杯分】

牛乳 1と1/4カップ、砂糖 大さじ2、抹茶 小さじ2、板チョコレート(ホワイト。スプーンで削ったもの) 10g

【作り方】

1. 小鍋に抹茶、砂糖を入れて混ぜ、水大さじ2を加え、練るようにスプーンで溶き混ぜる。牛乳を加えて混ぜて火にかけ、混ぜながら沸騰直前まで温める。

2. カップに入れ、チョコレートを散らす。

板チョコレートをまな板の上で刻むと、汚れがこびりついてしまうので洗うのも一苦労。しかしスプーンで削って調理すれば、面倒な後片付けもいりません。家事や仕事などで疲れを感じた時には、手軽に作れる1杯でほっこりしてみては?(レタスクラブニュース)