魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は27日の定例会見で、北朝鮮の核問題を巡る今後の外交政策について、「米国側と緊密に協議しながら北が早期に米朝対話に応じるよう説得する努力を続けていく」と述べた。

 一方、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の米首席代表、ジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表が辞任するとの報道に関しては、「本人の個人的な事情によるもので、突然のことではない」として、当分はソーントン国務次官補代行が関連業務を担当すると伝えた。

 米朝対話が再開され、北朝鮮が制裁の解除を求める可能性については、「制裁と圧力は北を非核化の交渉テーブルに引き出すための手段」として、「こうした対話が進められる過程でさまざまなことを協議できると思う」と述べた。