筆者が熟女たちを「うらやましい」と思う理由とは?

写真拡大

◆北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」【その14】

 昨今のテレビ業界では、60〜80代の「熟女」がもてはやされているらしい。

 コラムニストの桧山珠美氏によれば、テレビのバラエティ番組ではここ最近、冨士真奈美(80)、加賀まりこ(74)、水前寺清子(72)に小柳ルミ子(65)などの大御所女優たちをよく見かけるという(「加賀まりこに小柳ルミ子 ますます熟女がのさばるテレビ界」2018年2月17日、日刊ゲンダイ)。

 筆者も先日、「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)を見たが、大女優の十朱幸代(75)さんが自由奔放な発言でスタジオを沸かせていた。司会の徳井さんと、まるで少女のようなテンションで絡み、他のゲストにも変に媚びることなく天真らんまんという感じだ。笑顔も可愛らしい。

 お肌はもちろん、各種美容医療の叡智が結集された結果だろうか、とても75歳には見えなかった。ちょっと不自然なほどツヤツヤし、何もしなければ老化にともなって存在感が薄れるはずのお目元も、まるでお人形のようにパッチリしている。

 悪い意味で言っているのではない。女優は、映像のなかで自分を美しく演出するのが仕事のウチだから、外見のメンテナンスに気を使われるのは当然だ。

 彼女のように、年齢にあった経験値を身につけた上で、外見は美しく、周りの誰からも気を使われているのに恐縮せず、天真らんまんな美熟女が、私は羨ましくて仕方がない。あの「自由奔放さ」は、女の自意識の勝利ではなかろうか。

 現在31歳の私は、絶え間なく襲ってくる老化現象に怯えはじめている。若いだけでもてはやされていた(のだろうが、今ひとつ自分に自信が持てなかった)20代がムダに過ぎ去り、外見にも内面にも自信がないまま30代に突入してしまったからだ。

 今は、衰えゆく外見ばかりに目がいく。他人から「ブス」「ババア」と言われれば、分かっているのに「そうだよなぁ、ブスだしババアだよなぁ」と自分のたるんだ頬を指差し確認。ババアであるこいつをいかに美容医療で若返らせるか、毎日必死に考えている。

 本当に自分のことを「ババアです」と開き直っていれば、赤の他人からババアと罵られてもそんなに凹まないはずなのだが、心のどこかで「女の土俵で戦いたい」と思っているもんだから、往生際が悪いのだ。

◆「男性から、若くて魅力的な女だと思われたい」というズルさからの解放

 私には、「世間一般の男性たちから、若くて魅力的な女だと思われたい」というズルさがある。女の魅力を序列化するゲーム、その土俵上で自分を認めてもらいたい。ところが、一度「ババア」とレッテルを貼られてしまうと、土俵にすらもう上げてもらえないのだ。相撲を取る資格が剥奪されてしまうようなものだ。

 だから、隠れて美容注射を打ったりレーザーを当てたり、キレイに見える自撮りを研究したりする。必死である。必死な自分は恥ずかしい。

 そんな自分とは対照的に、テレビで見る美熟女たちは、年齢的に「女の土俵」がどうのというレベルの煩悩からは解放されている。彼女たちは、(出産が云々というレベルでは)女を降りながら、外見的には完全に女。しかも美女だ。

 若い男とたわむれるのは楽しいが、まさか若い女と競い合おうとは思っていない。そもそも若い女なんて、大女優の「私」と比べればヒヨッコでガキみたいなものだからだ。

 そういう意味でも、他者と自己を比べて「美しいか、ブスか」なんてレベルの煩悩からは解脱しており、自分が自分を好きであればいいのよという、究極の自己満足の自由を生きている。

 その自意識が、私にはとても眩しい。いつになったら、あの域に達することができるのだろうか。私も、彼女たちのように、本当の意味で「女のコスプレ」がしたい。まだまだ煩悩からの解放は遠い。

(文・北条かや)

【北条かや】石川県出身。同志社大学社会学部卒業、京都大学大学院文学部研究科修士課程修了。自らのキャバクラ勤務経験をもとにした初著書『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)で注目される。以後、執筆活動からTOKYO MX『モーニングCROSS』などのメディア出演まで、幅広く活躍。著書は『整形した女は幸せになっているのか』(星海社新書)、『本当は結婚したくないのだ症候群』(青春出版社)、『こじらせ女子の日常』(宝島社)。最新刊は『インターネットで死ぬということ』(イースト・プレス)。
公式ブログは「コスプレで女やってますけど」