画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「MateBook X Pro」の新機能は新興ならでは

2月25日、ファーウェイはスペイン・バルセロナでの「Mobile World Congress 2018」において端末事業のプレスカンファレンスを開催し、Windows PCとAndroidタブレットの新製品を発表した。

2016年に「MateBook」シリーズでPC市場に参入したファーウェイだが、その一方でAndroidタブレットの仕事利用も強化している。その狙いはどこにあるのだろうか。

○ノートPCの新モデルには他社にないギミックを搭載

MWC 2018でファーウェイが発表したWindowsノートPCが「MateBook X Pro」だ。日本でも発売した「MateBook X」をベースに画面を13.9インチに大型化し、タッチ操作にも対応した。専用GPUで高性能化し、4基のスピーカーを搭載するなどエンタメ利用も強化したモデルになる。

これまでにないギミックとして注目を浴びたのが、Webカメラの位置だ。通常は画面上部などに搭載するものだが、無駄なスペースができやすい問題があった。そこでファーウェイが導入したのが、キーボードにカメラを搭載し、使うときだけポップアップさせる仕組みだ。

最近ではセキュリティやプライバシーの懸念に対応すべく、Webカメラにスライド式のカバーを装着するPCメーカーもあるほどだ。ファーウェイのポップアップ方式においても、カメラを物理的に収納できるため安心感は高い。

たしかにこうしたアイデアは、従来のPCメーカーも無数に思い付いていたはずだ。だが、キーボード操作に支障が出る恐れもある。広い意味での互換性を考えれば、実際に採用に踏み切るのはなかなか困難なアイデアだ。

そういう意味では、2016年にPC市場に参入したばかりのファーウェイだからこそ、過去のしがらみにとらわれず、実現できたアイデアといえるかもしれない。

日本での発売は未定だが、秋葉原のヨドバシカメラには国内初のファーウェイ・ショップがオープンしている。ここにMateBook X Proが並ぶ日も、それほど遠くはなさそうだ。

●見た目はWindowsなAndroidタブレット

○Androidの2-in-1利用は普及するか

こうしてWindows PCの新製品を投入する一方で、ファーウェイはAndroidタブレットの新製品「MediaPad M5」も発表した。注目すべきは、PCのように利用できる「MediaPad M5 Pro」だ。

スタンド付きカバーを兼ねたキーボードと、専用のペン入力を組み合わせることにより、マイクロソフトの「Surface」のようなスタイルで利用できる。Android用のOfficeアプリを利用すれば、仕事もこなせるポテンシャルを秘めている。

ここで活躍するのが、ファーウェイがMate 10 Proで導入した「PCモード」だ。MediaPad M5ではタブレットの画面を変化させ、Windowsのようなデスクトップやタスクバー、マルチウィンドウを利用できる。壁紙はWindows XPのような草原だが、実際に動いているのはAndroidだ。

プロセッサーにも違いがある。Windows PCがインテルのCoreプロセッサーを搭載するのに対し、AndroidタブレットであるMediaPad M5はファーウェイ製のKirinプロセッサーを搭載するため、スマホやルーターで培ってきたLTE技術を利用しやすい。

まとめると、MateBookシリーズのWindows PCは仕事利用を中心に、スピーカーの強化などエンタメ利用も視野に入れている。AndroidのMediaPadシリーズは、エンタメ用途を中心に仕事にも使える機能を打ち出してきた。

MWC 2018でファーウェイは、WindowsとAndroidを二刀流で使い分けることにより、それぞれの強みを引き出したデバイスを投入してきたというわけだ。