ソニー、フルサイズミラーレス「α7 III」発表。上位モデルから機能継承、実力派ベーシック機

ソニーが、ミラーレス一眼カメラの新モデル「α7 III」を発表しました。発売日は3月23日。オープン価格で、ボディ単体の店頭予想価格は税別23万円前後、ズームレンズキット(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSSが付属)は税別25万円前後。予約受付は3月2日10時からとなっています。α7シリーズといえば35mmフルサイズセンサーを搭載するミラーレス機のなかでもスタンダードモデルに位置づけられる製品。そのため目新しい新機能を搭載するのでなく、上位モデル「α9」や、先行して発売された兄弟機「α7R III」が搭載してきた特徴的な機能を厳選して取り入れるという点に進化の重点が置かれています。


α7 IIIでは、先代機α7 IIの約1.8倍の性能を誇る新世代の「BIONZ X」エンジンに新開発、有効約2420万画素の裏面照射型CMOS「Exmor R」を組み合わせ、常用感度はISO 51200、拡張設定でISO 204800という数値になっています。

画像処理システムに合わせてオートフォーカスも693点の像面位相差検出AFを採用、コントラストAFを従来機の25点から425点に多分割化して精度向上をはかりました。またAFはアルゴリズムの改善なども含み、速度や追従性能などを向上させています。さらに、瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能も精度および速度を向上。被写体がうつむいたとき、振り向いたとき、逆光で顔が暗くなるときでも「瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従」するとのこと。

光学式の手ぶれ補正は、機構やアルゴリズムの最適化によって5.0段の補正効果を発揮。シャッター半押しやピント拡大表示の際に補正効果の確認ができます。

連写性能は最高約10コマ/秒のAF/AE追従による高速連写に対応(ライブビューでは最高8コマ/秒)。サイレント撮影時でも同様に10コマ/秒での撮影が可能で、静粛性が求められるシチュエーションでも柔軟な撮影が可能です。連続撮影枚数はUHS-II対応SDカード使用時、10コマ/秒でJPEGスタンダード約177枚/圧縮RAW約89枚/非圧縮RAW約40枚。SDカードはデュアルスロットとなっており、うち一方がメモリースティック兼用です。


動画機能は、HLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR撮影に対応し、全画素読み出しによる解像感の高い4K映像(QFHD:3840×2160、30p)の撮影が可能。記録フォーマットはXAVC S、最大100Mbpsの高ビットレートで記録できます。ガンマカーブはS-Log2/Log3にも対応。そのほかAVCHD撮影も可能です。

またフルHD解像度では120fpsのハイスピード撮影、最大5倍のスロー撮影、最大60倍の早回し撮影等に対応します。撮影フレームレートは1〜120fpsまでの8段階、記録時フレームレートは4p/30p/60pから選択可能で、撮影後すぐにスロー効果やクイック効果のプレビューができます。

EVFは約236万画素XGA OLED Tru-Finder、液晶モニターは3型・約92万ドットのチルト式。バッテリーはフル充電から710枚の静止画撮影に対応。ほかWiFi/Bluetooth/NFCによるスマホアプリなどとの連携ももちろんサポートします。外形寸法は約126.9×95.6×62.7mm。ボディ単体の重さは約565g。