野球のボールガール、ラウンドガール、MCまで。マルチに活躍する“Hot Girl”ハム・ミンジ

写真拡大

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】来る3月3日、ソウルKBSアレーナで開催される格闘機大会「MAX FC」で、“MAXエンジェル”(ラウンドガールのこと)を務めるハム・ミンジが抱負を語った。

ハム・ミンジは、2016年のプロ野球団SKワイバーンズのボールガールとして活動した履歴の持ち主。

当時、100kmの速球を投げる彼女の実力にSKの関係者が目をつけ、ボールガールに抜擢したという。

そして芸能人野球団「ゴーゴーズ・フレミリー」でも投手を務め、野球ファンから“野球少女”、“ホットガール(Hot Girl)”といった愛称で親しまれた。

172cmの身長と華やかなビジュアルを誇る彼女は、人気男性誌『MAXIM KOREA』1月号のグラビアにも登場し、話題を呼んだ。

男性誌『MAXIM KOREA』の“妄想オフィス”企画に韓国サラリーマンが大歓喜!!

MAXIMの関係者は「撮影とインタビューを行ううちに、清純さとセクシーさを併せ持つ彼女の魅力にハマった。読者プレゼントのポスターもハム・ミンジを中心に制作するほどだった」とか。当初8ページを予定していたグラビアは、12ページに増量されたという。

大学で演劇映画学を学び、ビューティーモデル、フィッティングモデルなども経験した彼女は最近、活動の幅を広げてMCとしても活躍している。

「俳優や歌手など、ひとつの分野に限らず、いろんな分野で活躍するマルチエンターテイナーになりたい。4月にはニュージランドで開催されるイベントにMCとしてお招きいただいた。最近はダンスを習っており、歌手活動も計画している。様々な魅力で愛される人になりたい」と、今後の夢を語った。

野球をはじめ、キックボクシング、フライングヨガ、ピラティスなど、運動経験も豊富なハム・ミンジは、「野球を通じてボールガールに抜擢されたように、キックボクシングを通じてMAXエンジェルに抜擢された。タフでジェントルな選手たちの姿を近くで見られるのが嬉しい。今回はより完璧なボディラインでファンの前に立つ予定。いろんなイベントも準備していて、現場でサプライズ公開する」と言い、満面の笑みを浮かべた。

(構成=S-KOREA編集部)