画像提供:マイナビニュース

写真拡大

It's F.O.S.S.に2018年2月25日(米国時間)に掲載された記事「Install Snap Apps on Debian, Fedora, Arch Linux and Other Distributions」が、複数のLinuxディストリビューションにおけるSnapのセットアップ方法および利用方法を伝えた。Snapはディストリビューションに依存せず汎用的に利用できるパッケージ管理システム。ディストリビューションに関係なくLinuxにおいてユニバーサルに利用できるパッケージとして、対応するアプリケーションが増えている。

Snapパッケージ管理システムを利用するには、snapdと呼ばれる管理環境をインストールする必要がある。snapdのインストールはLinuxディストリビューションごとに異なっており、インストール後はsnapコマンドを使ってSnapパッケージのインストールやアップデートを実施できる仕組みになっている。

紹介されているsnapdのインストール方法は次のとおり。

○Debian / Ubuntuベースのディストリビューションにおけるsnapdのインストール

sudo apt install snapd

○Fedoraベースのディストリビューションにおけるsnapdのインストール

sudo dnf install snapd

○Archベースのディストリビューションにおけるsnapdのインストール

yaourt -S snapd

sudo systemctl enable --now snapd.socket

○OpenSUSEベースのディストリビューションにおけるsnapdのインストール

sudo zypper addrepo http://download.opensuse.org/repositories/system:/snappy/openSUSE_Leap_42.2/ snappy

sudo zypper install snapd

sudo systemctl enable --now snapd.socket

説明されているsnapコマンドの主な使い方は次のとおり。

○Snapの検索

sudo snap find スナップ名

○Snapのインストール

sudo snap install スナップ名

○Snapのアンインストール

sudo snap remove スナップ名

○インストール済みSnapを一覧表示

snap list

○インストール済みSnapをアップデート

sudo snap refresh スナップ名

Snapパッケージは依存するライブラリも含めてパッケージ化されており、パッケージ単体での独立性が高い。また、サンドボックス環境で実行され、アップグレードが簡単に実施できるという特徴もある。複数のLinuxディストリビューションに対して単一のパッケージで提供可能で、採用シーンが増えている。