写真=iStock.com/Kanmu

写真拡大

企業の決算書をどう読めばいいのか。いくつかのポイントさえおさえれば、決算書は決して難解な書類ではない。雑誌「プレジデント」(2018年3月19日号)では、特集「会社の数字、お金のカラクリ」で、決算書を読解するイロハを解説している。担当編集者から、その読み所を紹介しよう――。

■経営幹部になる人もならない人も必須

決算書を読むのに苦手意識を持つビジネスマンも少なくない。だが、経営コンサルタントの小宮一慶氏はいう。

「経理担当者でなければ、決算書をつくれるようにならなくても構わない。しかし、本気で経営幹部を目指そうとしているのなら、決算書から会社の現状や問題点を読み込めるようになる必要がある」

とはいえ、猛勉強する必要はないという。

「貸借対照表から会社の『安全性』、損益計算書からは『収益性』、そしてキャッシュフロー計算書から『将来性』などを、最低限読み取れるようにすれば、それで十分」(小宮氏)

ありがたいお言葉である。

自分が経営幹部になることはないし、通常業務をしっかりこなせれば、決算書なんて不要だ、なんて思った人はいないだろうか。だが、いざ転職しようと考えたとき、同じ業種、同じ規模の企業でも、上記の「安全性」「収益性」「将来性」がまったく違うケースだってある。

グロービズ経営大学院の佐伯良隆教授は「過去10年間、最低でも5年の長さで企業の決算書の各項目の変化をとらえることが重要だ」という。

上場企業であれば、有価証券報告書は企業HPから確認できる公開情報だ。これをしっかりチェックするのとしないのとでは、転職した後の明暗を分けることになる。誰にとっても決算書は他人事ではないのだ。

■教科書にはない現場の知識

決算書の読み方についてはすでにさまざまな書籍がでているし、自分はもう習ったから大丈夫という人も多いと思うが、本誌では、その一歩先をいき、教科書的な見方だけでない、現場にいたからこそわかる、本当の決算書の見方を知ることができるのも特長だ。

たとえば、特集記事PART2内で取り上げた「倒産の前触れ」は、倒産リスクの高低をどう決算書から読み解くのかという話なのだが、一般的には、短期的な倒産リスクをチェックするには、資金繰りに詰まらないよう、より現金に近いものから見ていく。つまり現預金やすぐ現金化できる有価証券などを足して、月商で割った手元流動性を見るのというのが鉄則だ。

だが、今回お話を伺った日本総合研究所リサーチ・コンサルティング部門・主席研究員の小谷和成氏は、「会社が倒産するのは資金繰りに行き詰るからだ。借入金が返済できず、手形が半年に2度不渡りになれば、銀行取引もできなくなり、融資もしてもらえず、経営は継続できなくなる。そのため、倒産リスクを測るには、銀行の立場で考えるとわかりやすい」という。

そして「まず見るべきは、純資産と借入金の比率」であり、業界特性も加味しつつ、借入金の総額が「返済の原資となる営業キャッシュフロー(CF)1年分で割ると、何年で完済することができるか」を掴むことだという。

元銀行マンで、公認会計士として監査法人にも勤めた経験のある小谷氏の話はさすが実践的だと感じた。

身近な話題でいえば、こっそりと、しかし必読いただきたいのは、PART3「経理・人事が秘密にしたい話」だ。

接待で使えるお金はなぜ1人あたり5000円以下なのか。合コンや、あるいはキャバクラを会場にした、ビジネスとは無関係の集まりに参加した場合、飲み代は「勉強会」として経費で落ちるのか。会社から貸与された業務用の携帯電話やスマホ、タブレットを紛失したらどうなるのか。会社の年賀状が「お年玉」くじに当選した場合、自分のものにしていいのか。会社の経費で宿泊した際に、「おまけ」のプリペイドカードを受けとったが問題行為だったのか。

本章を読んで、日頃の悩み事を一挙解決してほしい。

(プレジデント編集部 浜根 英子 写真=iStock.com)